「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第27節 千葉VS.三河 「ボールはとにかく欲しいと思っていた」

千葉VS.三河
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【DAY2前半】三河が開始早々7点を獲得。桜木を中心に三河スタイルで試合をすすめる

千葉VS.三河

ⒸSPAIA


立ち上がり、三河はローポストの位置に構える#32桜木にボールを集め、#14金丸が3pシュートを含め連続でシュートを決める。オフェンスリバウンドを取った#5バッツが、ゴール下からジャンプショットを決めて7点リード。千葉は残り8:42で早くもタイムアウトを請求した。千葉はタイムアウトから、#21エドワーズのシュートでようやくチーム初得点を挙げる。対する三河は桜木の速攻も飛び出すなど、金丸と共に得点を稼ぐ。

千葉も早い展開から#10チェンバースが得点を決めるが、三河のリードは14点まで広がった。残り3:44、千葉は#34小野に代わり#27石井を投入。「ディフェンスにおいてやられる場面が多かったので、プレッシャーをかけることと、相手にボールを動かせないようにすること」を心掛けたという石井は、まず攻撃で自ら3pシュート。そして早い展開で#2富樫が2本続けて3pシュートを決め、9点差まで詰めていく。終盤には石井の好守備から#3パーカーがファストブレイクを決めるも、三河が6点リードで1Qが終了。

2Q開始早々、千葉・石井がスチールからファストブレイクを決める。三河は桜木のオフェンスファウルや24秒バイオレーションで攻め手を欠くが、千葉も得点を重ねられず、点差が変わらないまま中盤を迎えた。

オフィシャルタイムアウト後、千葉は富樫、チェンバースをコートに戻して、エドワーズがレイアップシュート。#8ライオンズのブロックショット、三河の24秒バイオレーションなどで攻撃をしのいだ千葉は、富樫の3pシュート、エドワーズのジャンプショットで4点差まで詰め寄る。しかし、三河はバッツがゴール下で連続得点を決めて再び8点リード。終盤は#16松井の3pシュート、#4狩俣のブザービーターとなる3pシュートが決まって、三河の11点リードで前半が終了した。

【DAY2後半】4Qに6点差まで詰めるも、三河が今季6度目の100点ゲーム達成

千葉VS.三河

ⒸSPAIA


後半に入り、両チームとも得点を重ねて迎えたオフィシャルタイムアウト明け、14点を追いかける千葉は、小野がようやくこの日初めての3pシュートを決めると、パーカーも速攻からの得点で続く。三河の12点リードで3Qが終了。

4Qで千葉は立ち上がりから小野がシュートを決め、エドワーズ、ライオンズのシュート、さらに富樫の3pシュートが続けて決まり、一気に6点差まで詰めていく。三河のタイムアウト後、千葉はエドワーズのダンクなどで追いすがる。

三河も#6比江島のバスケットカウントとなる3点ショットが決まり、リードを詰めさせない。この時、千葉は残り5分以上残した状況で小野が4Qチームファウル4個目となる個人ファウルをコールされる。三河はここを皮切りに、一気にペースをつかみなおした。#0橋本が2本連続で3pシュート、終了間際には比江島が3pシュートを決める。DAY2は、三河が102-84で千葉を下した。三河は今季6度目となる100点ゲームを達成して勝利を飾った。

おすすめの記事