「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第23節 SR渋谷VS.三河「東京はホームのような感じ、コーチも信頼して使ってくれた」

SR渋谷VS.三河
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【前半】2Q立ち上がりSR渋谷の追い上げも、セカンドチャンスから三河はリード

SR渋谷VS.三河

ⒸSPAIA


1Qの立ち上がり、#14金丸のレイアップシュートで先制した三河。SR渋谷#22長谷川に得点を許すも、金丸のシュートなどでリードを広げる。残り7:05で、早くもSR渋谷はタイムアウトを請求。その後SR渋谷#0満原がレイアップシュート、#32山内がフリースローを3ショット決めて5点差まで詰めていき、前線から積極的に守備をする。しかし、三河は#32桜木からのポストプレーから攻撃が機能し、金丸らが得点を重ねた。終盤SR渋谷#6サクレがダンクシュートを決めるも、三河が13点リードで1Qが終了。

2Qに入って追いかける展開のSR渋谷は、1Qで早々にベンチに下がっていた#24広瀬がオフェンスリバウンドから3pシュートを決めて追い上げ態勢を図る。その後もう1本3pシュートを決めた後、守備でも三河のエース#6比江島に激しいディフェンスを見せ、直後の攻撃で山内の得点につなげた。さらに、残り7:16三河・金丸のシュートに対しブロックショットを見せるなど守備に貢献後は、自らのオフェンスリバウンドで得たセカンドチャンスを#41ボイキンがアウトサイドから3pシュートを決めて3点差まで詰める。三河も差を詰めさせない。金丸が要所で得点を重ね、三河4点リードでオフィシャルタイムアウト。その後は差が詰まることなく、三河が6点リードで前半が終了する。

【後半】三河・松井をしっかり使い切った三河が勝利し、中地区優勝をぐっと手繰り寄せる

SR渋谷VS.三河

ⒸSPAIA


後半から#16松井を投入した三河。SR渋谷・広瀬が「ここで出てくるのか」と思いながら始まった立ち上がり、SR渋谷はサクレと#7伊藤のシュートで得点し、立ち上がりは五分でスタート。松井の3pシュートでリードを広げた三河だったが、#4狩俣がアンスポーツマンライクファウルを宣告され、SR渋谷に流れが傾きかける。しかし、#9ベンドラメのシュートは外れ、点差を詰められない。その後は両チーム互角に戦い、三河が9点リードで最終Qへ。

4Qになり両チームとも得点を重ねる展開となった序盤から、残り7:31SR渋谷はタイムアウトを請求。ここでSR渋谷は山内を下げて広瀬を投入し、PGベンドラメを起点にした布陣に変更。しかし、ペースを握ったのは三河だった。オフェンスリバウンドで粘りながら得点を重ね、それにつられてSR渋谷はファウルを重ねる。点差がなかなか詰まらないなか終盤を迎え、13点差で三河が勝利した。

おすすめの記事