「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第22節 A東京VS.SR渋谷「ロブ(サクレ)に頼りすぎはいけない」

A東京VS.SR渋谷
このエントリーをはてなブックマークに追加

【振り返り1】「出だしが全て。しかし、少しずつ取り戻しつつある」SR渋谷・勝久HC

A東京VS.SR渋谷

ⒸSPAIA


SR渋谷は2日間通して、試合の立ち上がりにつまずいてしまった。特にDAY2は開始1分足らずでA東京に7点のリードを許す。タイムアウト請求後は、サクレにボールを預けてサクレ自身が得点をするシーンが多くなった。SR渋谷が1Qで獲得した得点9点中8点はサクレだった。これには勝久HCも「チームにとって良い点の取り方ではなかった。ロブ(サクレ)がスコアできたから、チームとしてロブしかスコアできないというメンタルになっていた」と話す。

一方、3Qは最初にA東京・安藤に3pシュートを決められるが、広瀬がリングにアタックし動きを入れてくると、ベントラメも続いてリングを狙っていき得点を稼ぐことができ、一時は2点差まで詰めることに成功した。ここに関しては「ハーフタイムの時に、人とボールを動かすスタイルが自分たちのバスケだと話をした。ハードにディフェンスもできていたし、少しずつ自分たちのバスケを取り戻す感覚はある」と続けた。

前節の千葉戦では、立ち上がりにつまずき最後まで自分たちのバスケを取り戻すことができなかったことを考えると、大きな進歩だと言えるだろう。

「ハイスコアゲームでなく、ロースコアゲームに持ち込みたい」勝久HCは常に「ディフェンスのチーム」と自分のチームをこう表現する。東地区で激しいチャンピオンシップ争いをする中、自分たちのバスケを早く取り戻せるだろうか。

【振り返り2】「ロブ(サクレ)に頼りすぎはいけない」SR渋谷:伊藤・ベントラメ

A東京VS.SR渋谷

ⒸSPAIA


SR渋谷の立ち上がりの悪さは、選手自身も自覚をしていた。

A東京戦で久しぶりにスタート5から出場した伊藤は「気負うことなくやろうと考えていた」と試合に集中する。

「ここ数試合3Qの立ち上がりが良くなくて、選手からタイムアウトをチームに求めることがあったので、ハーフタイムに選手全員を集めて、3Qの入りについて悪かったところを再確認して後半に臨んだ」という。

ベントラメも「1Qは結果としてはうまくできてよかったけど、ハーフタイムの時に伊藤さんから『しっかり立ち上がり入ろう』と言われた。自分は前半シュートをあまり打てていなかったので、みんなから『もっとアグレッシブに行け』と言われ、意識して後半に向かった」と話す。

伊藤もベントラメも共通して反省していた箇所があった。それは「ロブ(サクレ)に頼りすぎた」ことだ。実際に4Qは立ち上がりから、サクレが得点やアシストに貢献し、チームを牽引したものの、残り4:22伊藤がファストブレイクからのカウントワンショットを決めて2点差まで追い上げた後から、チームの得点が止まった。この場面を伊藤は「アタックするなら礼生(ベントラメ)、アウトサイドからの3pシュートであればジョシュ(ハレルソン)、インサイドならロブ(サクレ)と分けるべきだった」と反省を口にする。

この日のサクレのように、誰かに頼りすぎると、頼っていた選手の動きが悪くなった途端にチーム全体の雰囲気も悪くなってしまう。だからこそ、選手全員で試合を進行する必要がある。

「今日みたいな試合はこれからもまだありますから。勝ちたいですね」と悔しそうに話をしてくれたベントラメに、勝つために必要なことを確認した。「立ち上がりをしっかり入ること」だと。選手自身がしっかり現状を把握し、指揮官と共有出来てコートで表現できれば、SR渋谷のバスケを取り戻すことができるだろう。

おすすめの記事