「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第22節 川崎VS.西宮「藤井はいなければならないベンチプレーヤー」

川崎VS.西宮
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【前半】2Q西宮に立ち上がりから点差を詰められるが、2Q川崎・藤井が3pシュートを決めて流れを取り戻す

1Qの立ち上がり、#5ヒルのジャンプシュート、#2バーンズの3pシュートで西宮に先制を許した川崎だったが、すぐに#7篠山、#14辻の3pシュートで同点に追いつく。その後#00デービスや#33長谷川のファストブレイク、辻からのバウンドパスを受けた#22ファジーカスの得点などでリードを広げていく。

西宮も「DAY1で辻に良くついていたし、攻守のバランスも考えて」と試合後高橋コーチが振り返るように、この日スタート5に名を連ねた#3松崎のレイアップなどで喰らいつくも点差はつまらない。逆に川崎はデービスが速攻からシュートや、バスケットカウントとなる3点ショットを決めるなど主導権を握り続けた。終盤途中出場していた#9栗原が、#0藤井のアシストからゴールを決めて13点リードとし1Qを終了する。

2Qに入って、西宮は#19梁川のドライブ、#55リドリーの得点で点差を詰めていく。川崎はタイムアウトを請求した直後のオフェンスで、3秒バイオレーションをコールされ攻め手を欠くも、絶好調の藤井が3pシュートを決める。西宮・#13道原にバスケットカウントとなる3点ショットを許すものの、ファジーカスがフェイダウェイシュート、#18鎌田がゴール下から確実にシュートを決めて点差をキープする。

西宮のタイムアウトを挟んで、川崎は鎌田がオフェンスファウルをし、流れを悪くする可能性があったが、ルーキー#4青木がスチールを決めゴール下まで持ち込み、シュートモーションから相手チームのファウルを誘いフリースローを獲得する。青木はフリースローを1本決め、そのあと鎌田も得点をする。終盤#11野本が得点をし、川崎が16点リードとして、前半が終了する。

【後半】川崎は3Qでファウルトラブルに苦しむも逃げ切り勝ちを収める

川崎VS.西宮

ⒸSPAIA


後半立ち上がりから両チーム互角に戦うが「今日は不要なファウルもあった」と試合後に川崎・北HCが振り返るように、鎌田が連続でファウルを重ねてしまい、個人ファウルの回数が4回となって、野本と交代する。野本もコートに入ってすぐにファウルを重ねてしまうが、長谷川がバスケットカウントとなる3点ショットや、辻からのキラーパスに反応し得点を挙げてリードをキープする。西宮は道原の3pシュートなどで点差を詰めていく。終盤川崎・野本がこの日個人ファウル5回目を喫し退場となるが、川崎は12点リードでしのぎ最終Qへ。

4Qに入り、川崎・藤井がバスケットカウントとなる3点ショットを決め、再び主導権を握っていく。西宮も#30岡田がレイアップを決め追い上げ態勢を図りたいところだったが川崎の勢いを止められず、結局川崎が西宮に対し99-75で勝利。このカード連勝を果たした。

おすすめの記事