「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第21節 千葉VS.SR渋谷「相手の心を折るディフェンス」

バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

【前半】試合の立ち上がりを決めた千葉が、ファウルトラブルにも負けずペースを握る

立ち上がりから千葉は、持ち味である速い展開で試合を支配する。#34小野が3pシュートを決めて波に乗る。直後の守備では#11西村がブロックショットでボールを奪うことに成功すると、再び速い展開からこの日もスタート5に名を連ねた#10チェンバースがシュートを決める。続けて、小野もこのQ2本目の3pシュートを決めリードを広げた。

1Q終盤に向かって千葉は、チェンバース、#27石井、小野が個人ファウルを2回コールされ、ファウルトラブルに見舞われるが、小野に代わってコートに入った#1阿部が役目を果たし、最後はDAY1から戦列に復帰した#2富樫がブザービーターとなる得点を決め、千葉が10点リードとし1Q終了する。

2Qに入って立ち上がりからオフェンスリバウンドから、阿部が3pシュートを決めチーム30点目にのせる。SR渋谷は#22長谷川や#32山内の3pシュートなどで点差を詰めていく。千葉も阿部がこのQだけで2回個人ファウルを重ねるが、SR渋谷はオフィシャルタイムアウトを迎えるまで、チームファウル5回を重ねてしまう。

オフィシャルタイムアウト明け、千葉はSR渋谷のファウルからフリースローを獲得するが、#21エドワーズがフリースロー得点を稼ぐことができなかったが、#31原のファストブレイクによる得点などでリードを広げる。終盤#8ライオンズがバスケットカウントとなる3点ショットを決めるなど、千葉が13点リードして前半終了する。

【後半】SR渋谷・杉浦が新たなエネルギーを注入も千葉が逃げ切りA東京に勝率で並ぶ

3Q残り4:48、直前のディフェンスでアンスポーツマンライクファウルをコールされた広瀬にかわってコートに入ったSR渋谷#14杉浦がチームに新たなエネルギーを注入する。「前日(DAY1)の終盤で一番ファイトしていたので、今日は大事な場面で起用した」とSR渋谷・勝久HCが起用意図を明かす。そしてコートに入った杉浦は、#55ハレルソンの3pシュートに続き、左サイドコーナーから3pシュートを決める。流れを掴みかけたSR渋谷だったが、直後に山内がこのQチームファウル5個目となるディフェンスファウルをコールされてしまい、相手にフリースローを献上する。千葉はフリースローをしっかり決めきれないシーンが続いたが、小野が3pシュートを決めるなどSR渋谷とのリードはキープしたまま、16点リードで3Qを終了する。

そして4Qに入りSR渋谷は終盤、#6サクレのダンクやハレルソンと長谷川の3pシュートなどで8点差まで追い上げていく。最後ファウルゲームを仕掛けるが、点差を詰めるところまでいかず、結局千葉がSR渋谷に93-85で勝利し、このカード連勝を達成した。

おすすめの記事