「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第20節SR渋谷VS.琉球 〜相手の個人をきっちり抑えることができた〜

SR渋谷VS琉球
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【前半】琉球が立ち上がりから激しく攻めてリードを奪う

SR渋谷VS.琉球

ⒸSPAIA

1Q立ち上がりから、「思い切って向かっていった」と試合後に振り返った琉球#33ブラウンが、アグレッシブにゴールに向かっていく。
オフェンスリバウンドから#30アームストロングがゴールを決め先制すると、ブラウンも3pシュートを決めて立ち上がりを制する。SR渋谷は、スターティングメンバーの#51菊池から#24広瀬に交代。

#6サクレが、フリースローを含め4点を稼ぐ。前線から守備をするSR渋谷。琉球はアームストロングが得点を決め、#0石崎が速攻からレイアップシュートを決めて6点リードとしたところで、残り6:23。SR渋谷は、タイムアウトを請求する。

その後SR渋谷は、広瀬がスチールからファストブレイクを決めるなど、1点差まで詰めていく。
しかし、琉球もオフェンスリバウンドからブラウンがシュートを決め、リードをキープ。#11須田が速攻からのレイアップシュート。
#12マーティンのダンクでリードを広げていく。終盤、マーティンが連続でシュートを決めて、琉球7点リードで1Q終了。

2Qのオフィシャルタイムアウト明けから、SR渋谷は#22長谷川がシュート。さらに広瀬が3pシュートで6点差まで詰めたところで、琉球はタイムアウトを請求する。
終盤、広瀬がカットインで得点。琉球の6点リードで前半が終了する。

【後半】4QでSR渋谷は見せ場を作るも、琉球が引き離してDAY1を勝利 

SR渋谷VS.琉球

ⒸSPAIA

琉球11点リードで迎えた4Qで、SR渋谷は立ち上がりから見せ場を作る。
#7伊藤と#23ドーソンがゴールを決めて7点差に詰めたところで、琉球はタイムアウトを請求。琉球はその後、須田の3pシュートや、マーティンのダンクなどで10点リードとし、オフィシャルタイムアウトを迎える。

その後、SR渋谷もサクレがシュート。#9ベンドラメが、スチールからファストブレイク。さらに#55ハレルソンが3pシュート。
残り2分を切ったあたりまで8点差とするが、追い上げもここまで。琉球が、SR渋谷に70-57で勝利した。

おすすめの記事