「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第19節 A東京VS.川崎「負けたチームは次の日のエナジーがすごいよ」

アルバルク東京
このエントリーをはてなブックマークに追加

「負けたチームは次の日のエナジーがすごいよ」川崎・北HC

DAY1は川崎の圧勝、DAY2はA東京の圧勝と対照的な結果となった。試合後の記者会見で川崎・北HCは、DAY1の試合後に「明日は(A東京が)すごいエナジーを出してくるから」と選手に伝えていた。
リーグ戦は基本的に同じ相手と2戦する。2連勝出来ればよいが「連勝するのは難しい」と話す。

「相手の想定以上のエナジーに対応しきれず、オフェンスが停滞し、ディフェンスがうまくいかなくなった」とDAY2で主導権を握れなかった原因を語る。
しかしDAY1、DAY2を通じて振り返る場面では「力の差はない」と力説する。確かに勝ったチームが持ち味を出して勝利をもぎ取っているからこその発言だろう。

「シュートが入ればディフェンスも頑張れる。コーチもいらないくらいに。しかし、オフェンスがダメな時にしっかりディフェンスをやり続けられるかが大事で、中心選手がまずは我慢をしていく必要がある」と続けた。

シーズン終盤やプレーオフを考えた場合、これらをクリアできるかが上位に進出できるカギを握っている、と言っても過言ではないだろう。

アルバルク東京-SPAIA

ⒸSPAIA

「選手がそろわない中よくカムバックしてくれた」A東京・パヴィチェヴィッチHC

A東京は、川崎戦を迎えるまで選手がなかなか揃わない状況だった。田中・竹内が代表合宿に参加し、安藤・小島・馬場・バランスキーはけがのため、カークは疲労で練習に参加できない状況だった。
そんな状況で川崎戦を迎え、DAY1は大敗を喫した。だからこそパヴィチェヴィッチHCの第一声が「選手がそろわない中よくカムバックしてくれた」になったのだ。

DAY2の後半立ち上がりで2本の3pシュートを決めたバランスキーは「空いたら自分で打とうと思っていた。川崎さんはヘルプディフェンスが多いので、展開次第でドライブしたら行けると考えていたし、ディフェンスも5人全員がタイトにできていた」とその時の状況を振り返る。

馬場が怪我で欠場のため、バランスキーに求められることが多くなる。今求められている事として「安定感」を挙げる。「誰が抜けても安定感を大事にしたい」と。

終盤に向かう中で、東地区の強豪ともゲームを残している。
「今日のように自分達次第で変わる。アグレッシブにやるべきことを徹底できれば」と今後の試合に向けて意欲を示した。

アルバルク東京

ⒸSPAIA

おすすめの記事