「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第19節 A東京VS.川崎「負けたチームは次の日のエナジーがすごいよ」

アルバルク東京
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

【前半】A東京・ウィリアムズのバスケットカウントなどでリードを広げる

DAY1で川崎が大勝して、迎えたDAY2。1Qはロースコアの展開となり、A東京が3点リードで終了。

2Qに入り、オフィシャルタイムアウト明けからゲームは動き出す。ペースを握ったのはA東京だった。#31ウィリアムズがダンクを含め5得点を稼ぎ、ここで川崎は前半2回目のタイムアウト。
しかし、川崎は波に乗れない。直後のオフェンスでは、制限区域内に3秒を超えて入ってしまう3秒バイオレーションをコールされ、A東京に攻撃権を渡してしまう。

ここからA東京は#24田中、#10バランスキーの得点でリードを広げ、ウィリアムズもバスケットカウントとなる3点ショットを決める。川崎は#22ファジーカスがオフェンスファウルをして流れを悪くすると、直後のA東京のオフェンスで#13菊地レイアップシュートを決めてリードを広げる。
結局A東京が13点リードで前半を終える。

アルバルク東京

ⒸSPAIA

【後半】A東京・バランスキーが3pシュートを2本決めて後半立ち上がりを制す

「ヘッドコーチから、後半の立ち上がりが大事だと言われていたので、シュートを打てるときは打とうと決めていた」と試合後に振り返ったバランスキー。2本の3pシュートを決め、#15竹内のポストプレーからの得点も含め、開始3分もしないうちに8点を稼いで19点リードとした。

川崎もタイムアウトを請求するが、A東京は安藤の3pシュートなどでリードを広げる。A東京はディフェンス面でも川崎を圧倒する。
残り3分以降は田中の好守備もあり、川崎に得点を許さなかった。A東京は28点リードで3Qを終了する。3Qで川崎はわずか7得点しか獲得できなかった。

4Qに入ってようやく川崎に勢いが生まれる。ここまで波に乗れていなかったファジーカスの得点から、藤井らの得点で一気に追い上げムードを作る。
A東京のタイムアウトを挟んでも、川崎はデービスの得点で喰らいつくも、ディフェンスファウルを3回重ねてしまい、追い上げムードを断ち切ってしまう。

一方のA東京は、相手チームのファウルから得たフリースローを確実に決め、リードを広げていく。終盤に向かっても点差は詰まらず、結局86-54でA東京が勝利した。

アルバルク東京

ⒸSPAIA

おすすめの記事