「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE試合レポ】第17節川崎VS.千葉~最後まで自分達のバスケをやり切ることが重要 

B.LEAGUE chiba kawasaki
このエントリーをはてなブックマークに追加

©SPAIA

【前半】川崎・藤井のスチールから逆転を許すも千葉2点リードで折り返す

Bリーグ

©SPAIA

 

1Q、5点ビハインドで終わった川崎は、Q開始直後の千葉攻撃時♯1阿部がボールキープしていたところ、♯0藤井がスチールを決めファストブレイクに成功。さらに♯18鎌田の2pシュート、 #17アマンドソンの3pシュートで 勝ち越しに成功すると、残り8分34秒千葉はタイムアウトを請求する。

タイムアウト後は両チームとも互角に戦うが、「彼の持ち味はオフェンスです」と北HCが評価するように、1Qにケガで退場した#14辻に代わってコートに入っていた♯15谷口が2本の3pシュートを決める。川崎が9点リードとした場面で、オフィシャルタイムアウトを迎える。

千葉もこの後から持ち味の速さを生かした攻撃が機能し始める。#3パーカーがバスケットカウントとなる3点ショットを決めると、#34小野のポストプレーからアウトサイドでパスを受けた#21エドワーズが3pシュートを決める。パーカーも続いてスコアを重ね1点差まで詰める。試合終盤、小野とパーカーが得点し2点勝ち越しをしたところで前半は終了。千葉2点リードで後半に向かう。

【後半】3Qで大量リードした千葉、4Q川崎の猛追を受けるが逃げ切り勝利

Bリーグ

©SPAIA

 

#31原と#11西村の3pシュートが決まり主導権を握った千葉は、川崎からタイムアウトを請求されても流れをキープする。川崎・藤井のシュートが外れると、素早くリバウンドを獲得し速い展開で相手陣内に持ち込むと、原が3pシュートを決める。エドワーズもバスケットカウントを決め、残り5分22秒千葉18点リードとなったところで川崎はたまらず後半2回目のタイムアウトを請求。

3Qを27点リードで終えた千葉だったが、川崎も黙っていなかった。北HCは4Qが始まる前に「点数の事は気にするな。川崎のバスケをしよう」と声をかけコートに送り出す。そして、口火を切ったのは#22ファジーカスだった。3pシュートとバスケットカウントとなる3点ショットを決め一気に6点を稼ぐ。#7篠山のファストブレイクなどで残り4分40秒オフィシャルタイムアウトを迎える頃には14点まで差を詰めていた。

しかし、川崎の勢いは止まらない。ファジーカスのバスケットカウントから再び追い上げムードを作ると、#00デービスの得点などで差は縮まり、残り1分23秒千葉がタイムアウトを請求した時には、千葉のリードは6点となっていた。

タイムアウト後、川崎はスチールを決めてデービスが4点差となる得点を決める。千葉は、エドワーズがオフェンスファウルをし、個人ファウル5回目となり退場。直後の川崎のオフェンスでファジーカスが得点し2点差。しかし、千葉の攻撃に変わった時、千葉の選手はペースを落としてゆっくりパスを回し始める。川崎は勢い余ってデービスがディフェンスファウルをし、千葉がフリースローを獲得。#8ライオンズが冷静に1本決めて3点リード。直後の川崎のオフェンスではファジーカスにボールを集めたが、ラインクロスでチャンスを逸し、最後も2本3pシュートを狙ったが決められず試合は終了。千葉が88-85で勝利を飾った。

おすすめの記事