「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE】 次世代型ライブビューイング B.LIVE in TOKYO

Bリーグ次世代型ライブビューイング
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸB.LEAGUE

 

最先端テクノロジーを活用した“世界初”のスポーツエンターテインメント体験

 2018年1月14日、恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホールにて最先端のICTテクノロジーを活用した“世界初”のエンターテインメント体験ができるイベント「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2018 次世代型ライブビューイング B.LIVE in TOKYO」が開催された。同イベント最大の特徴は、“コートにいるかのような臨場感”が得られるということ。

 試合が行われた熊本会場のファンの声援を20chで集音し、恵比寿の会場においても同じ20chのスピーカーで再現することによって、実際の試合会場にいるかのような臨場感が味わえる。また、会場の両サイドに設置されたゴール下のゾーンでは、実際に選手が走ってくるかのような疑似体験ができる体感ゾーンを設置。これは熊本会場の床下に設置された32chの集音マイクと連動し、その振動が恵比寿にいながら体感できる最先端の次世代型イベントだ。

熊本会場の盛り上がりをリアルタイムで共有!

Bリーグ次世代型ライブビューイング

Bリーグ次世代型ライブビューイング

ⒸB.LEAGUE

 

 MCを務めたMC MAMUSHIさん、ゲストでタレントの中村昌也さん、サンロッカーズ渋谷のマスコット サンディ、チアリーダーSunrocker Girlsが登場。熊本会場からは、B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2018 アンバサダー おのののかさんが会場の模様をリポート。
 この模様は熊本と恵比寿の双方のスクリーンで放映され、恵比寿会場からMC MAMUSHIさんの掛け声に合わせて、ファン全員で熊本会場に向けてエールを送るなど、双方の盛り上がりがリアルタイムで共有できる試みだったと言えるだろう。

おすすめの記事