「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ともに苦戦!?今季B1に昇格した島根・西宮の戦績は?

2017 12/18 14:11mono
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

競争を生み出す昇降格システム

2016年から始まったプロバスケットボールリーグのBリーグ。1年目の2016年-2017年シーズンは、日本人唯一のNBAプレーヤーにもなった田臥勇太選手の所属する栃木ブレックスが優勝し、大いに盛り上がった。
その一方、BリーグはサッカーのJリーグと同じく昇降格システムを導入しており、B1残留プレーオフで敗退した仙台89ERS、秋田ノーザンハピネッツの2チームが自動的にB2へ降格した。また、入れ替え戦に進んだ横浜ビー・コルセアーズは広島ドラゴンフライズを下し残留。
B2からは島根スサノオマジック、西宮ストークスの2チームが昇格を果たしている。

バスケットボールの本場であるアメリカのNBAでは、昇降格システムは採用されていない。これは4大リーグであるMLB(野球)、NFL(アメリカンフットボール)、NHL(アイスホッケー)も同様だ。
しかし、日本ではこの制度の導入に踏み切った。世界最高峰のリーグと違う方式をとったことでどのようにリーグの反映が行われるのだろうか。

11月未勝利の西宮ストークス

西宮ストークスは、2016年-2017年シーズンにB2中地区1位からプレーオフに出場。東地区1位の群馬クレインサンダーズ、島根スサノオマジックに連勝しB1昇格を決めた。初めてのB1となった2017年-2018年シーズンは西地区に所属。同じくB2から昇格してきた島根スサノオマジックと同リーグとなっている。 開幕カードの相手は千葉ジェッツだったが連敗。続く第2節、富山グラウジーズ戦でも連敗を喫し、勝ち星をあげることができなかった。初勝利は6戦目の京都ハンナリーズ戦だった。
第1Qからリードを奪うと、第2Q終了時点で45-27の大量リードで試合を折り返す。その後、猛攻を受けるが79-72で逃げ切り勝ちを収めている。続く滋賀レイクスターズ戦でも80-71で勝利し初の連勝をマーク。
ここから巻き返すかと思われたが、波には乗れない。11月に行われた6試合は全敗。12月に入ってからも白星に見放され、連敗は9に伸びてしまう。

連敗が止まったのは第11節第2戦の新潟アルビレックスBB戦だった。チーム初の3桁得点となる100点を奪い100-85で勝利。
しかし、第11節(12月11日)終了時点で西宮ストークスは西地区5位と苦しい戦いとなっている。チームとしても1シーズンでB2に降格するわけにはいかない。ここからの巻き返しに期待したい。

おすすめの記事