「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【B.LEAGUE 2017-2018】今期こそチャンピオンなるか!川崎ブレイブサンダース

2017 12/11 11:21Mimu
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨シーズンは惜しくもファイナルで敗れてしまった川崎

昨シーズンは、Bリーグ準優勝だった川崎ブレイブサンダース。B1中地区1位という成績を残し、さらにチャンピオンシップも勝ち進んで行くも、惜しくもファイナルで栃木ブレックスに敗退してしまった。
チャンピオンの座まであと一歩、だが最後は涙をのんだBリーグ1年目となった。

Bリーグ2年目となる今シーズンは、B1とB2の入れ替わりの都合により、東地区へと再編成された。つまり、昨年のファイナルで敗れた栃木ブレックスと同地区ということになる。
この地区には栃木の他にも、アルバルク東京、千葉ジェッツと強豪チームは多い。川崎は昨シーズン49勝11敗で中地区1位であったが、栃木は46勝14敗、東京と千葉はともに44勝16敗。
戦力的な差はほとんどないといって良いだろう。この地区で、川崎はどう戦っていくだろうか。

一進一退のチャンピオンシップファイナル!だがあと一歩で及ばず

昨シーズンは、本当に惜しかった。Bリーグチャンピオンシップファイナル、栃木ブレックスとの1戦。なんどもなんども逆転しながら、あと少しのところで手が届かなかった。
第1Qは21-21と同点、第2Qは37-43と栃木6点リードで試合は折り返しへ。だが第3Q、川崎は篠山竜青やジュフ・バンバのシュートで追い上げると、残り5分で再び篠山が決め逆転。
この時点でのスコアは52-51。そしてここからさらに得点を重ね、63-59で第4Qを迎える。

だが栃木も強い。この試合絶好調のジェフ・ギブスが最後まで止まらず、徐々に点差が詰められてしまう。
さらにライアン・ロシターのシュートも決まり、67-68とまた逆転されてしまった。川崎もニック・ファジーカスのシュートで再逆転するも、栃木もギブスが決め、またリードが入れ替わる。
第4Qも残り5分を切ったところで74-74の同点。ここでオフィシャルタイムアウトの笛が鳴る。

タイムアウト後、流れは栃木に傾く。ギブスがファールからフリースローをもらうと、これを確実に決めて勝ち越し。さらにその直後にゴール下からもう1本叩き込み、74-77と突き放しにかかる。
何とか追いつきたい川崎であったが、ここで痛恨のパスミス。その隙にギブスに得点を許してしまい、最後は79-85と、6点差で敗退した。ほんの少しのほころびであったが、この緊迫したゲームでは致命的であった。

おすすめの記事