「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全体売上150億円・Bリーグ決算概要の内容は?

2017 12/4 10:57mono
大河正明チェアマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:Bリーグ広報部

全体売上は約150億円

1シーズン目を終え、2シーズン目が無事に開幕したBリーグ。毎週のように全国各地で熱戦が繰り広げられている。栃木ブレックスが連覇を果たすのか、日本代表選手はどのようなパフォーマンスを見せるのか、などファンの関心は様々だろう。
また、チームを運営する上で大事なのは戦力面だけではない。企業として運営がなされているかも重要になってくる。気になる各チームの決算概要が11月29日に発表された。壇上に上がったのは大河正明チェアマンだ。

Bリーグより発表されている決算報告はこちら

B1、B2あわせた計36チームの合計売上高は、約150億円。B1の平均が約6億4000万円、B2の平均が約1億9000万円となり、全体での最終損益は800万円の黒字となっている。
ただし、チームによって決算期のズレがあり、正確な1年間の収支とは異なる。また、アルバルク東京、川崎ブレイブサンダース、シーホース三河、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、Fイーグルス名古屋は、NBL時代の収入・支出が一部含まれていないなどのブレもある。

2年目のシーズンからは各チームともに決算期のズレはあるものの、1年分の収支が反映されることになり、より正確な数値が公表されるだろう。そういった部分を差し引いても1年目の決算としては良好。大河チェアマンも「健全な形でスタートできた」と評価した。

債務超過はB1で3チーム

全体収支ではプラスとなったが、個別でみると赤字決算で終えているチームもある。B1ではA東京(約5400万円)、新潟アルビレックス(約4200万円)の2チームが赤字に終わった。
また債務超過はレバンガ北海道(約2300万円)、新潟(約6500万円)、滋賀レイクスターズ(約1300万円)の3チームだ。

大河チェアマンによると、A東京の赤字は事務所開設費などによる一過性のものであり、バスケットボールに関していうと黒字を達成。9月に行われた中間決算ではすでに黒字と2年目は順調のようだ。また、新潟はスポンサー料の計上時期が変更となったための赤字となった。

北海道に関しては債務超過だったものの、前身チーム時代から初めて単年度で黒字決算。入場料収入も伸びており、過去から引き継いでいる負の遺産をどのように処理していくかが今後の課題となりそうだ。
次回決算時(2018年6月)に債務超過を解消していないと、B1ライセンスが交付されない可能性もある。新潟は赤字かつ債務超過となったが、決算発表当日時点では増資などで債務超過をすでに解消済み。滋賀は監査方法の違いから生まれたものと報告されている。

B1はなんとか見通しが立っているものの、B2はそうではない。債務超過のチームが11チームありB1との差は大きい。「B2でもB1を脅かすほどの収入規模があるチームが生まれてくるとリーグ全体の活性化に繋がってくる」と大河チェアマンは語っており、経営体制の強化が、より求められていくことになりそうだ。

補足として大河チェアマンは、栃木・千葉を除いたなかで集客が好調な、人気クラブである秋田ノーザンハピネッツと、琉球ゴールデンキングスに共通する部分を述べた。それは両チームに純資産が約1億5000万円あることだ。この内部留保はbjリーグ時代のサラリーキャップが影響している。
ルール上の制限があり資金があるものの、選手に投下できなかったのだ。この蓄えがあったからこそ、琉球は補強を行い、秋田はB2降格となったが選手の流出がほとんどなく、新しいシーズンを迎えることができたのである。

おすすめの記事