「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ2017-2018】激戦地区から勝ち上がれ!サンロッカーズ渋谷

2017 11/27 11:12Mimu
ダンクシュート
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は東地区で戦うサンロッカーズ渋谷

2017-2018シーズンは、昨シーズンと違い、東地区で戦っているサンロッカーズ渋谷。B1リーグとB2リーグの入れ替えに伴って、前年度準優勝の川崎ブレイブサンダースとともに中地区から東地区へと移動することとなったためだ。

だが、もともとこの地区には前年優勝者の栃木ブレックスを初めとして、強豪チームが多数在籍していた地区。そこにこの2チームが移動したことにより、6チーム中5チームが前回のチャンピオンシップ出場という激戦区となってしまった。

昨シーズンは中地区3位という成績をおさめ、ワイルドカードでチャンピオンシップへと出場することができたサンロッカーズ渋谷だが、この地区でも存在感を見せることが出来るだろうか。

ディフェンスからリズムを作り出すバスケ

サンロッカーズ渋谷では、ディフェンスからリズムを作り出すバスケが特徴だ。昨シーズン序盤は連携がチグハグになってしまう場面も多かったが、中盤以降以降は2人のキャプテンである広瀬健太・伊藤駿の2人のキャプテン、そして途中加入のロバート・サクレを中心として、しっかりとした守備で戦ってきた。

特に広瀬のスティールは、チームに大きな影響を与えていたように思う。アグレッシブなディフェンスから、相手の攻撃の流れを切り、さらに自陣の攻撃にリズムを生み出す。昨シーズンはリーグで唯一、スティールの1試合平均が2.0をこえた。

そしてもう1人の立役者、ロバート・サクレの存在も大きい。彼がゴール下でしっかりとディフェンスを行ってくれるからこそ、広瀬や他の選手が攻撃的なディフェンスを行うことができる。
しっかりと守るディフェンスと、攻撃的なディフェンス、その両方がチームの基礎となっているのだ。

おすすめの記事