「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ2017-2018】開幕から絶好調!アルバルク東京

2017 11/27 11:05Mimu
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

今シーズン絶好調のアルバルク東京

Bリーグ2017-2018年シーズン、早くもその優勝候補に躍り出たのが、アルバルク東京だ。今シーズンはとにかく絶好調。開幕3連勝から始まり、4戦目こそ新潟アルビレックスBBに敗北してしまったものの、そこからさらに連勝を重ねていく。
10月29日の富山グラウジーズ戦では、第6節、シーズン11試合目にして早くも10勝に到達した。中地区でもシーホース三河が好調だが、東地区も負けていない。

昨シーズンも、東地区で2位、チャンピオンリーグにも進出という好成績を残したアルバルク東京。残念ながら優勝することはできなかったが、Bリーグ1年目の成績としては上々の結果だった。
だが、今シーズンはそれ以上に状態がいいところを見せている。まだ序盤ではあるが、この好調を維持することができれば、王者の座も見えてくるだろう。Bリーグの中で、今最も注目すべきチームだ。

エースの田中を中心とした強力なオフェンス

アルバルク東京は、とにかく戦力が充実している。オフェンス面では、エースの田中大貴が中心だ。昨シーズンはベスト5に選出。1試合当たりの平均得点が13.2点と、日本人選手の中ではトップクラスを誇っている。
2Pシュート成功率が47.1%、3Pポイント成功率も40.9%と高い数字だ。ディフェンス面でも、192cm・93kgのフィジカル、そして強いメンタルで決して当たり負けない。攻守にわたってチームの中心となる選手である。

今シーズンから新加入の選手たちも大きな存在感を放っている。特に話題となっているのは、スモールフォワードの馬場雄大だろう。筑波大学に在学中の現役大学生で、198cmの身長を誇る。
今シーズンはまだ途中出場が多いが、オールスターのファン投票では中間発表ながら全選手中1位の票数を集めるなど、注目度は非常に高い。もちろん大学在学中から日本代表に選ばれるなど、実力も折り紙付きだ。今シーズンのみならず、今後のチームを担っていく存在である。

おすすめの記事