「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ2017-2018】立ち止まらず、常に勝利を!レバンガ北海道

2017 11/27 10:39Mimu
バスケットゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

今シーズンもB1リーグで戦っているレバンガ北海道

2016-2017シーズンは、B1リーグ東地区4位という成績であったレバンガ北海道。何とかB1の残留ラインをクリアし、2017-2018シーズンもB1東地区で戦っている。
この地区は強豪チームが多いが、開幕から調子がよく、ここまで勝ち越すことができている。

レラカムイ北海道時代から続く財政難で、2016-2017シーズンも外国人選手との契約を更新することが出来ず、さらに序盤はケガ人が続出したこともあって、試合に出場できるのが7人しかいないという時期もあったほど、苦しい戦いがつづいていた。
だが、後半から持ち直し、なんとかB1残留することが成功。なんとか迎えることができた2017-2018シーズン、調子がいいとはいえ、ここからさらに勝ち星を重ねていくことはできるだろうか。

レジェンド・折茂武彦は今年も健在

レバンガ北海道といえば、レジェンドの折茂武彦の話は欠かせない。2016-2017シーズンは総得点534、11月28日の千葉ジェッツ戦では、日本人選手初の国内リーグ通算9000得点を記録した。
ほとんどが途中出場ではあったが、1試合当たりの平均得点8.9、3Pシュート成功率は驚異の44.0%と、まだまだその存在感を発揮している。2017-2018シーズンには、11月4日の琉球ゴールデンキングス戦で、前人未到の通算1000本目の3Pシュートを達成。1970年生まれで、2017年で47歳になるが、レジェンドはいまだ健在だ。

チームのキャプテンなおかつチームのオーナーとして、レバンガ北海道は自らの手で創設し、スポンサー探しに奔走しながらチームを運営してきた。いまだに財政難が解決しているわけではない。
しかし、チームのため、ファンのためにも、折茂は立ち止まらない。

おすすめの記事