「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-2018】Bリーグ中地区「シーホース三河」が圧勝か?

2017 11/10 12:24あんこ
basketball
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bリーグ中地区は愛知県を中心とした6チーム

Bリーグ2年目のチーム振り分けで、中地区は愛知県に近いチームが集まることになった。愛知の「三遠ネオフェニックス」「シーホース三河」「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ」神奈川の「横浜ビー・コルセアーズ」富山の「富山グラウジーズ」新潟の「新潟アルビレックスBB」が2017-2018シーズン中地区として争う。

中地区内で6回戦の総当り(計30試合)、交流戦として他地区の対戦を2回戦総当り+6試合(計30試合)をし、地区での順位を決定する(決定基準は勝率)。上位2チームのみがチャンピオンシップへ出場できるため、地区での勝敗は非常に重要なものとなるのだ。

中地区は「シーホース三河」が優勢か?

2017-2018シーズン中地区で、一番勢いがあるのは「シーホース三河」だ。7勝1敗(勝率 .875)と他チームの追随を許さない。
2位「三遠ネオフェニックス」3位「富山グラウジーズ」でも、4勝4敗同士と勝ちきれていない中、「シーホース三河」は7連勝中である。
昨シーズン、最終順位を2位で終えた強豪「シーホース三河」を打ち破るチームが出てくるだろうか。
(※2017-2018シーズン 第4節終了時点の情報)

おすすめの記事