「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

注目必至のバスケのプロリーグ「Bリーグ」とは

2016 8/20 05:15
バスケ,ドリブル,ディフェンス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

既存の日本のバスケットボールリーグ「NBL」と「bjリーグ」が統一されて「Bリーグ」が誕生!
2016年秋から始動します。2つのトップリーグが合併することで相乗効果も期待大です!
注目の「Bリーグ」に関するあれこれをご紹介します。

Bリーグとは?

日本全国36のクラブチームがB1(1部)とB2(2部)に分かれて8カ月間戦うリーグです。

  • 世界に通用する選手やチームの輩出とそれに伴っての競技力や競技人口の拡大
  • 勝っても負けても試合を見て楽しかったと思えるエンターテインメント性の追求
  • スポーツを通して人生を楽しむことができる環境の提供のための、アリーナと地域に根差したスポーツクラブの展開

を掲げています。
覚えやすく印象的な「Bリーグ」という名前には、バスケットボールのB以外にも、be動詞「Boys, be ambitious」にあるように、無限の可能性を秘めたbeも表しています。
また、トップパートナーであるソフトバンクが全試合のライブ配信を決定しています。実際に観に行けない人でも、スマートフォンやパソコンで試合が楽しめることになりました。テレビなどではなかなか観られなかったバスケットボールの試合を生中継で楽しむことができるようになります。

クラブチームの内訳は?

B1・B2ともに、東地区・中地区・西地区各6つからなる18クラブが、自地区総当たりと他地区2回戦の計60試合を戦います。
北海道から沖縄まで、東西南北の地域から、NBL・bjリーグ双方のクラブが混合となるよう、地区と部が分けられています。 B1リーグの上位クラブはチャンピオンシップに出場することができます。また、B2リーグの上位2クラブはB1リーグに昇格、B1リーグの下位2クラブはB2リーグに降格となります。B2リーグ3位とB1リーグ下位3クラブは入れ替え戦を行い、勝者が翌シーズンのB1リーグ参加の権利を得ることとなります。
入れ替え制リーグはJリーグでも導入されていますが、地元のクラブも多く、リーグ戦下位のクラブの試合も緊張感をもって観ることができます。

そもそも2リーグが合併したのはなぜ?

プロ化に反対する日本バスケットボール協会からの脱退という形で、bjリーグは発足されました。その後も、「実力のNBL、人気のbj」といわれるほど、日本代表選手揃いのNBLとエンターテインメントを重視するbj、双方の実力やプレーの質にはへだたりがありました。
そもそも、企業主体の運営でプロ化に反対していたNBL側と、町おこしなどの一環として、収入が増えることを目指してプロ化を目指すbjでは利害が一致しにくいのはイメージできるかと思います。それが分裂してしまった状態で長年問題が解決されず、国際的なバスケットボール団体であるFIBAから国際大会出場停止処分をうけ、20年放置されていた問題をどうにか解消して発足したのが、「Bリーグ」となっています。

まとめ

世界での競技人口では、実はサッカーよりもバスケットボールの方が多くいます。
もっと注目され、日本バスケが面白く、強くなっていくことを期待したいですね。

以上「注目必至のバスケのプロリーグ「Bリーグ」とは」でした。

おすすめの記事