「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【まとめ】ここがスゴかった!Bリーグオールスターゲーム2017

2017 3/16 09:28SOL
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Eugene Onischenko / Shutterstock.com

NBLとbjという2つのリーグの統一という日本バスケ界長年の課題を乗り越えて誕生した、日本で唯一のプロバスケットボールリーグ、通称「Bリーグ」。予想以上の盛り上がりを見せる中、本稿では2017年1月に開催された初のオールスターゲームについて詳細をレポートします。

会場は超満員、日本を代表する選手が勢ぞろい

2017年1月15日、東京・代々木第一体育館。この日Bリーグ史上初めてのオールスターゲームが開催されました。国内のスター選手が初めて一堂に会するこのイベントには、9567人もの観客が集まりました。
開催前から注目が集まっていたこのイベントの入場券については、先行販売では3日間で7000枚が、1週間後の一般発売では用意されていた3000枚がたった2時間で売り切れるという人気ぶりを博しました。また、前日には前座試合として日韓クラブ対抗戦と3Pコンテンストの1stラウンドが開催。このイベントにも5000人を超えるファンが詰めかけ、両日合わせて15000人以上を動員。Bリーグ1年目の熱狂ぶりを見せ付けるイベントになりました。

SNSファン投票やタレントによる応援マネージャーなど起用するなどの新たな取り組みも

ファンとのつながりを示す手段として、あらゆるイベントでソーシャルメディアが利用されたのもこのBリーグオールスターの特徴のひとつ。公式ページ上でのファン投票に加え、Twitterやfacebook、Instagramなどのソーシャルメディアを使ったファン投票も行われました。ハッシュタグを使った投票でBリーグの認知を広め、バスケファンの拡大にも一役買った形です。
この試合はNHK BS1、スポナビライブ、スカパーで中継されたほか、B.BLACKとB.WHITEの2チームにそれぞれ応援マネージャーが指定されました。B.BLACKはタレント・モデルのマギーさん、B.WHITEの応援マネージャーはタレントの安田美沙子さんが務めることに。華やかさのあるサポーターの存在とソーシャルメディアの活用で、Bリーグファンの拡大に努めています。

おすすめの記事