「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【SPAIA冠スポンサー】大阪エヴェッサvs仙台89ERS(2016/12/29)

2017 2/2 11:56大森咲子
エヴェッサ
このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年12月29日~30日の大阪エヴェッサ・ホーム戦。この日、弊社グラッドキューブが運営するスポーツメディア「SPAIA(スパイア)」が冠スポンサーになった試合が行われました。
グラッドキューブは昨年から、エヴェッサとオフィシャルパートナー契約を結んでいます。試合ごとに冠スポンサーとなる企業が毎回変わりますが、この日は「SPAIA Presents」と名のつく初めての試合が行われたのでした。

※冠スポンサーとは?
大会において、資金提供と引き換えに企業名や商品名を冠することができるスポンサーのことです。冠スポンサーの試合を「冠試合」と呼ぶこともあります※

弊社スタッフも総出で会場に赴き、Bリーグの生の迫力を体感。初めてBリーグを観戦したスタッフも多く、その楽しさに驚いていました。

さて、冠スポンサーになると普段の試合と違ってどのようなことが起こるのでしょうか? 今回は、「冠スポンサーになったらどうなるの?」という疑問を中心に、試合の様子をレポートいたします。

【冠スポンサーになったら①】あちこちにロゴ、ロゴ、ロゴ!

会場に到着すると、まず2階の「SPAIA」ののぼりが目に入りました。これだけでもテンションが上がります。

SPAIA

スポンサー関係者は2階ではなく1階から受付を済ませ、中に入ります。案内されたのはなんと、選手の汗さえ飛んできそうなくらいの最前列!

SPAIA

アリーナ上方にかかげられたロゴもしっかり確認。この日はスペシャルイベントとしてレゲエライブも開催されました。まだ開始まで時間がありますが、すでにわくわくしっぱなしです。

おすすめの記事