「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロバスケットボール選手、石崎巧の功績を振り返る

2017 1/10 23:42
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.plus-blog.sportsnavi.com/

石崎巧選手は、日本だけでなく海外でもプレー経験があるバスケットボール選手として、常に注目されてきた。 そんな石崎選手がバスケットボール界に残してきたさまざまな功績について振り返っていきたい思う。

アマチュアにおけるトップクラスの選手に

福井県福井市出身の石崎選手は、北陸高校時代からウィンターカップで準優勝を果たすなど頭角を現すと、東海大学に進学後は、同ウィンターカップの優勝校・洛南高校出身である「竹内兄弟」の弟として知られる竹内譲次選手らと共に、中心選手となった。
特筆すべきは2003年。大学バスケットボール最高峰の舞台である全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)優勝を果たし、東海大学のインカレ2連覇に大きく貢献したのだ。

JBLでの活躍とドイツリーグへの挑戦

東海大学を卒業した石崎選手は、JBLの企業チームである東芝ブレイブサンダース神奈川に入団して、ルーキーイヤーから主力選手となる。
日本代表にも選出されるなどまさに順風満帆だったのだが、石崎選手はこれに満足することなく2010年に東芝を退社すると、ドイツのバスケットボールチームに入団することを目標に海を渡ったのだ。
しかし、ドイツのプロチームとの契約にこぎつけることはできず、石崎選手は失意の時を過ごした。

おすすめの記事