「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロバスケットボール選手、柏木真介の功績とは

2017 1/10 23:42
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://cager.co.jp/

30代になっても攻守にわたって質の高いバスケットを披露している柏木真介選手は、ベテランであるだけにこれまでに残してきた実績も豊富だ。 柏木選手がこれまでに残してきた功績を振り返っていく。

北海道からアマチュアトップへ

柏木選手が生まれたのは北海道帯広市で、小学校三年の段階からバスケットボールを始めることになる。
中学時代にジュニアオールスターに選出され頭角を現すと、高校時代にはインターハイでも準優勝を果たすなど大きな注目を受ける選手となったのだ。
北海道を離れて中央大学に進学した後も勢いは変わらず、インカレ準優勝、学生バスケットボール日本代表選出という非常に大きな功績を残してアマチュアトップクラスの選手であることを証明した。

社会人リーグでいきなり活躍

2004年に大学を卒業した柏木選手は、社会人リーグ・JBLスーパーリーグに所属する日立サンロッカーズに入団することになった。
JBLのプロ化への動きが近づいている時期ということもありレベルの高い舞台だったのだが、1年目からオールスターに出場を果たすと、シーズンを通しても新人王とスティール賞を受賞するという快挙を果たしたのだ。
社会人リーグとはいえプロ組織に変わっていく時期の出来事だったけに、柏木選手がプロでも中心になれると証明した瞬間だった。

アイシンシーホース三河の黄金期に貢献

柏木選手は2006年にアイシンシーホース三河に移籍することになるが、そこではさらなる成績を残す。
2007年以降プロリーグとなったJBLの舞台に立った柏木選手は、ポイントガードとして守備だけでなく攻撃でも大きな活躍を続けて、シーホースのJBL時代の6年間における全レギュラーシーズン1位、優勝3回という圧倒的な成績に大きく貢献したのだ。
オールジャパンにも幾度となく選出されるなど、柏木選手はチームを超えて日本に不可欠な選手になった。

熱い心を前面に出すことも

社会人・プロという経過の中で常にトップの成績を残し来た柏木選手だが、熱い気持ちを持ってバスケットボールに臨む姿も注目されている。
2011-12シーズンのシーホースはレギュラーシーズン1位の成績を残しながらも最終的なJBL優勝を逃すという悔しいシーズンを送ったのだが、柏木選手はその結果に涙を流したことも話題になった。
何度も優勝しているにも関わらず、妥協することなく結果を追い求めているからこそ、これだけの成績の残すことができるというエピソードでもあったのだ。

Bリーグ制覇のためにその力は不可欠

ベテラン選手となり徐々に出場時間も減少している柏木選手だが、JBL・NBLというプロリーグで優勝を何度も果たしたその経験は、今年から始まるBリーグにおいても非常に大きなものになっている。
新リーグ1年目ということで大きな緊張感をもって臨む選手が多いシーズンになるだけに、柏木選手はプロバスケットボールを知り尽くす立場の選手として、プレー面はもちろんのこと精神的支柱という大きな役割を果たしていくことになるだろう。

まとめ

一貫してトップで居続けるということに、柏木選手の飽くなきバスケットボールへの姿勢とプロ意識を垣間見ることができる。 これからも功績を積み上げていくことが予想されるだけに、多くの人の注目を集め続けることだろう。

関連記事

おすすめの記事