「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロバスケットボール選手、柏木真介の功績とは

2017 1/10 23:42
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://cager.co.jp/

30代になっても攻守にわたって質の高いバスケットを披露している柏木真介選手は、ベテランであるだけにこれまでに残してきた実績も豊富だ。 柏木選手がこれまでに残してきた功績を振り返っていく。

北海道からアマチュアトップへ

柏木選手が生まれたのは北海道帯広市で、小学校三年の段階からバスケットボールを始めることになる。
中学時代にジュニアオールスターに選出され頭角を現すと、高校時代にはインターハイでも準優勝を果たすなど大きな注目を受ける選手となったのだ。
北海道を離れて中央大学に進学した後も勢いは変わらず、インカレ準優勝、学生バスケットボール日本代表選出という非常に大きな功績を残してアマチュアトップクラスの選手であることを証明した。

社会人リーグでいきなり活躍

2004年に大学を卒業した柏木選手は、社会人リーグ・JBLスーパーリーグに所属する日立サンロッカーズに入団することになった。
JBLのプロ化への動きが近づいている時期ということもありレベルの高い舞台だったのだが、1年目からオールスターに出場を果たすと、シーズンを通しても新人王とスティール賞を受賞するという快挙を果たしたのだ。
社会人リーグとはいえプロ組織に変わっていく時期の出来事だったけに、柏木選手がプロでも中心になれると証明した瞬間だった。

おすすめの記事