「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本初の高卒プロバスケ選手【川村卓也】選手の功績とは?

2017 1/10 23:42
バスケ 高校
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.bbspirits.com/

プロバスケットボールプレイヤーの川村卓也選手をご存知だろうか?実は、日本では初となるある契約を結んだことで話題となった選手なのだ。川村選手のこれまでの功績や、エピソードを紹介していく。

川村卓也選手のおいたちとは?

川村選手は岩手県盛岡市出身。主な役割はシューティングガード。3ポイントシュートをはじめとした長距離シュートを得意とする選手が担うことが多いポジションだ。日本のバスケットボール選手は、将来性のある高校生はほぼ関東の大学へと進学していくのが一般的。しかし、川村選手はその道を選ばず、高校卒業後すぐに実業団チームのオーエスジーフェニックスに入団した。日本では初となる高卒でプロ契約を結んだ選手なのだ。

川村選手の学生時代の実績とは?

川村選手とバスケットボールは小学生時代からの付き合い。小学生時代はミニバスケットボールで技術を磨き、中学生になると3年生の時に開催された全国中学校体育大会でベスト4入りを果たす。その後は盛岡南高校に進学。入学当時から才能あるシュート力と得点力で話題になっていた。
1年生で出場した全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会では1回戦で敗れはしたものの、チームトップとなる22得点を記録。2年生で出場した全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会ではベスト16進出、3年生ではベスト8入りに貢献した。

おすすめの記事