「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

北海道のレジェンド・"折茂武彦"のバスケットボール界における功績

2017 1/10 23:42
バスケ 北海道
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://sportiva.shueisha.co.jp

北海道のバスケットボール界で真っ先に名前が上がる選手といえば、多くの地元スポーツファンは"折茂武彦"を思い浮かべることだろう。彼は日本のバスケットボール界にどのような功績を残したのだろうか。今回は北のレジェンドの秘密に迫る。

"折茂武彦"という選手のはじまり

折茂武彦(おりもたけひこ)選手は、日本のプロバスケットボール界で活躍するアスリート。40代半ばを過ぎても現役を続けている超人だ。
地元埼玉の高校を経て日本大学に進学。卒業後はトヨタ自動車に入社。日本一と称される3ポイントシュートを武器に、チームの中心選手として活躍を続けた。
学生時代は全日本大学バスケットボール選手権大会優勝に貢献。社会人時代には全日本チーム入りも経験するなど、国内外の様々な大会での実績をもつ選手だ。

運命の地・北海道『レラカムイ北海道』への移籍

2007年、折茂選手は14年間在籍したトヨタ自動車から、北海道のバスケットボールチーム『レラカムイ北海道』に移籍する。
レラカムイ北海道は、新たに作られたバスケットボール界の新顔チームだった。故郷埼玉から遠く離れた北海道。そんな地のチームで戦っているうちに、北海道のファンの熱狂や歓迎ぶりに心を打たれた折茂選手。

「バスケを長年やってきて、ホームでの勝利がこんなにいいものだと初めて知った」

出典: orimo9.com

そう語った折茂選手はレラカムイ北海道に骨を埋める決意を見せ、いつしか初代『ミスターレラカムイ』と呼ばれるようになるのだった。

おすすめの記事