「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Bリーグとともに歴史を歩む期待のルーキー選手たち!

2017 1/10 14:42
バスケットボール、ゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://basket-count.com

今年から始まったBリーグだが、開幕シーズンがルーキーイヤーとなる選手たちも当然いる。 これからBリーグとともに歩んでいく、将来有望なルーキーたちを5名紹介する。

千葉ジェッツ 31番 原修太(はらしゅうた)選手

サイズ:身長188センチ、体重88キロ
経歴:習志野高→国士舘大→千葉
ポジション:シューティングガード

地元千葉県の習志野高校出身の原修太選手は、Bリーグ開幕戦でスタメンとして出場するなどルーキーとして期待されてた。
しかし、10月後半に右第5中足骨不全骨折と診断され、今年中の復帰は難しくなってしまう。所属チームである千葉ジェッツの発表によると、全治3ヶ月となっているので、年が明けて2月以降から復帰することが濃厚だ。
一般入試で国士舘大学に入るなど苦労人の原選手の早期復帰に期待だ。

サンロッカーズ渋谷 9番 ベンドラメ礼生(べんどらめれお)選手

サイズ:身長183センチ、体重79キロ
経歴:延岡学園高→東海大→日立
ポジション:ポイントガード

父はブラジル人だが、ベンドラメ礼生選手は日本育ちで日本語しか話すことができない。延岡学園高校時代に高校3冠を達成し、東海大学進学後も大学日本一になるなど、常に頂点に立ち続けてきた。
ベンドラメ選手は、昨シーズンからプレーしているが、アーリーエントリー制度だったため新人王の資格を有している。スピード感のあるドリブルと意外性のある3ポイントシュートで、大黒柱としてサンロッカーズ渋谷を率いる。

おすすめの記事