「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Bリーグで得点を期待される選手たち!注目のシューティングガードは?

2017 1/10 14:42
バスケ、選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.bleague.jp

主に3ポイントシュートを放ち、得点力を期待される役割となるのがシューティングガードだ。 チームの戦術によりディフェンス時の役割は異なるが、得点を稼ぐことを期待される点に違いはない。 今回は、Bリーグで期待されるシューティングガードを紹介する。

アルバルク東京 16番 松井啓十郎(まついけいじゅうろう)選手

サイズ:身長188センチ、体重85キロ
経歴:モントロス・クリスチャン高→コロンビア大→北海道→日立→トヨタ

現役の日本代表として活躍する松井啓十郎選手は、アルバルク東京でも主軸を務める。19歳の時、日本人として田臥勇太選手以来2人目となるNIKEのU-19世界選抜メンバーに選ばれ、7得点をマークしている。
高校、大学とアメリカで過ごしてきたため、アメリカ仕込みの3ポイントシュートを得意としており、3ポイント成功率は圧倒的な数字を誇る(2015-16シーズン:44.8%)。エリア外から放つ放物線に見とれてしまうほど美しい3ポイントを、Bリーグでも見せてくれることを期待しよう。

アルバルク東京 24番 田中大貴(たなかだいき)選手

サイズ:身長191センチ、体重92キロ
経歴:長崎西高→東海大→トヨタ

田中大貴選手は、長崎西高校時代から1年生でレギュラーを獲得し、ウインターカップにも出場するなど注目を浴びていた。東海大学進学後も数々のタイトルを獲得し、全日本大学選手権ではMVPに輝く活躍を見せている。
2016年に行われたリオオリンピック最終予選のメンバーには入れなかったものの、日本代表経験もあり期待されている。
Bリーグ開幕戦のポスターに起用され、アルバルク東京の顔としても期待がかかる田中選手は、「インパクトを与える選手になりたい」と語っており、1試合30得点を取ることを目指す。

おすすめの記事