「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Bリーグで得点を期待される選手たち!注目のシューティングガードは?

2017 1/10 14:42
バスケ、選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.bleague.jp

主に3ポイントシュートを放ち、得点力を期待される役割となるのがシューティングガードだ。 チームの戦術によりディフェンス時の役割は異なるが、得点を稼ぐことを期待される点に違いはない。 今回は、Bリーグで期待されるシューティングガードを紹介する。

アルバルク東京 16番 松井啓十郎(まついけいじゅうろう)選手

サイズ:身長188センチ、体重85キロ
経歴:モントロス・クリスチャン高→コロンビア大→北海道→日立→トヨタ

現役の日本代表として活躍する松井啓十郎選手は、アルバルク東京でも主軸を務める。19歳の時、日本人として田臥勇太選手以来2人目となるNIKEのU-19世界選抜メンバーに選ばれ、7得点をマークしている。
高校、大学とアメリカで過ごしてきたため、アメリカ仕込みの3ポイントシュートを得意としており、3ポイント成功率は圧倒的な数字を誇る(2015-16シーズン:44.8%)。エリア外から放つ放物線に見とれてしまうほど美しい3ポイントを、Bリーグでも見せてくれることを期待しよう。

アルバルク東京 24番 田中大貴(たなかだいき)選手

サイズ:身長191センチ、体重92キロ
経歴:長崎西高→東海大→トヨタ

田中大貴選手は、長崎西高校時代から1年生でレギュラーを獲得し、ウインターカップにも出場するなど注目を浴びていた。東海大学進学後も数々のタイトルを獲得し、全日本大学選手権ではMVPに輝く活躍を見せている。
2016年に行われたリオオリンピック最終予選のメンバーには入れなかったものの、日本代表経験もあり期待されている。
Bリーグ開幕戦のポスターに起用され、アルバルク東京の顔としても期待がかかる田中選手は、「インパクトを与える選手になりたい」と語っており、1試合30得点を取ることを目指す。

シーホース三河 6番 比江島慎(ひえじままこと)選手

サイズ:身長190センチ、体重88キロ
経歴:洛南高→青山学院大→アイシン三河

リオオリンピック最終予選の日本代表にも選ばれた比江島慎選手は、日本を代表するオールラウンダーだ。洛南高校時代はウインターカップ3連覇を果たすなど注目を集め、大学でも関東大学リーグにおいてMVPを獲得している。その後も順調にキャリアを重ね、日本代表でも中心選手になりつつある。
190センチという日本人としては大型ガードである比江島選手の今後さらなる飛躍に期待しよう。

京都ハンナリーズ 12番 岡田優介(おかだゆうすけ)選手

サイズ:身長185センチ、体重80キロ
経歴:土浦日大高→青山学院大→トヨタ→つくば→広島→千葉→京都

元日本代表の岡田優介選手は、32歳と決して若手ではないが、豊富な経験で相手チームを翻弄する。チーム移籍を繰り返し、さまざまなチーム戦術に対応してきた能力を京都ハンナリーズでも活かす。
また、岡田選手の最大の特徴は公認会計士の資格を持っていることだ。公認会計士とプロバスケットボーラーの二刀流は岡田選手しか存在しない。変わり種の二刀流・岡田選手に注目だ。

大阪エヴェッサ 14番 橋本拓哉(はしもとたくや)選手

サイズ:身長188センチ、体重83キロ
経歴:ヒューマンアカデミー高バスケットボールカレッジ→大阪(高校在学中)→芦屋大学→大阪

高校生の時に期待のホープとしてプロ契約を果たした橋本拓哉選手は、Bリーグの前身であるbjリーグで史上最年少の17歳11ヶ月でデビューし、得点も記録している。芦屋大学に進学後、一度はチームを離れるが、卒業を前にチームへ戻ってきた。
大阪エヴェッサのファンは高校時代の橋本選手を知っているので、4年の時を経てチームに戻ってきたことをとても喜んでいる。4年間の成長を見届けたいと思っていることだろう。

まとめ

得点を期待されるポジションということもあり、華やかな選手が多いのがシューティングガードの特徴だ。 ときにドリブルで切り込み、ときに3ポイントで相手を揺さぶる。 そんなシューティングガードに注目してみるのも面白いかもしれない。

関連記事

おすすめの記事