「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Bリーグ・名古屋ダイヤモンドドルフィンズの注目選手

2016 12/16 11:07
バスケットボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

21番 笹山貴哉(ささやまたかや)選手 PG

笹山貴哉選手は、1993年2月15日生まれ、三重県出身。身長180cm、体重77kg。 ミニバスの監督をしていた父親の影響でバスケを始めた笹山選手。強豪の京都・洛南高校3年生の時にはU18日本代表に選ばれました。筑波大学では教員を目指しながらも、4年生の時にキャプテンとして日本一を達成。アーリーエントリー制度によって、名古屋ダイヤモンドドルフィンズに加入することになりました。
笹山選手が加入するまでの名古屋ダイヤモンドドルフィンズでは、日本代表でも活躍した五十嵐圭選手がPGとして活躍。しかし、五十嵐選手が移籍したことで、笹山選手はプロ1年目からチームの司令塔を担うことになったのです。 チームメイトと十分なコミュニケーションをとり、試合では正確なパス回しを得意とする笹山選手。それに加えて、今シーズンは第8節まで成功率33.6%(16位)と3Pシュートも好調です。

24番 ジャスティン・バーレル選手 PF/C

1987年4月18日生まれ、アメリカ出身。身長204cm、体重111kgのジャスティン・バーレル選手。 2011年よりbjリーグの横浜ビー・コルセアーズに加入し、プロ1年目ながらもレギュラーシーズンMVPとベスト5を獲得。その後、フランス、イタリア、千葉ジェッツを経て、2015-16シーズンより名古屋ダイヤモンドドルフィンズに加入。これまでレジー・ゲージーHCの指揮するチームに所属するのは3度目です。
今シーズンは、1試合平均の得点18.9(6位)、ブロック1.3(8位)、リバウンド9.1(8位)。ゴール下では攻守にわたって大活躍で、第8節までB1西地区2位の原動力となっています。

まとめ

大阪エヴェッサ、琉球ゴールデンキングスなどbjリーグの強豪が揃うB1西地区。 その中でも、名古屋ダイヤモンドドルフィンズは第8節終了時点で2位と好調の滑り出しを見せました。 果たして、この勢いを維持できるのか。これからのシーズン中盤戦に注目です。

おすすめの記事