「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Bリーグ・名古屋ダイヤモンドドルフィンズの注目選手

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://twitter.com/nagoyadolphins

2016年から新たに開幕したバスケットボール・Bリーグ。 今回は、チーム名とチームカラーを変えて心機一転、初代王者を狙う名古屋ダイヤモンドドルフィンズをご紹介します。 今シーズンはB1西地区2位と好調。その原動力となっている注目選手もご紹介します。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズとは

名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、愛知県名古屋市を本拠地としているチーム。元々は三菱電機名古屋製作所の実業団チームとして1950年に創設されました。これまで2000-01シーズンから2006-07までメルコドルフィンズ、2007年から三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ、2013年からは三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋とチーム名を変更。2016年のBリーグ開幕に伴い、現在のチーム名となりました。
チーム名には、水の中を泳ぐイルカのようにコートを走り、そして、ダイヤモンドのように強く光り輝くという意味が込められています。また、チーム名と合わせて、チームカラーも水色からドルフィンズレッドに変わっています。 これまでオールジャパン2回、国体3回の優勝を誇っており、BリーグではB1西地区に所属。ホームスタジアムは愛知県体育館とパークアリーナ小牧。今シーズンは第8節終了時点で、1試合平均3003人を動員しています。

6番 船生 誠也(ふにゅうせいや)選手 SF

1993年12月15日生まれ、福島県出身。身長190cm、体重85kgの船生誠也選手。青山学院大学卒業後、NBLのアイシンシーホース三河に加入。Bリーグ開幕の2016-17シーズンより、名古屋ダイヤモンドドルフィンズに移籍しました。
彼の特徴は、ボールを持った時のディフェンスとの駆け引きの上手さ。ディフェンスを引き付けておき、空いたスペースにパスをさばくときもあれば、相手に隙があればそのまますり抜けるように切り込みます。また、今シーズンは1試合平均のスティールが1.5(8位)と、ディフェンスでもチームに貢献しています。 まだまだ若いながらも、アイシン時代のプロ1年目から天皇杯優勝、プレーオフ準優勝を経験しており、今後のさらなる活躍に期待できる選手です。

21番 笹山貴哉(ささやまたかや)選手 PG

笹山貴哉選手は、1993年2月15日生まれ、三重県出身。身長180cm、体重77kg。 ミニバスの監督をしていた父親の影響でバスケを始めた笹山選手。強豪の京都・洛南高校3年生の時にはU18日本代表に選ばれました。筑波大学では教員を目指しながらも、4年生の時にキャプテンとして日本一を達成。アーリーエントリー制度によって、名古屋ダイヤモンドドルフィンズに加入することになりました。
笹山選手が加入するまでの名古屋ダイヤモンドドルフィンズでは、日本代表でも活躍した五十嵐圭選手がPGとして活躍。しかし、五十嵐選手が移籍したことで、笹山選手はプロ1年目からチームの司令塔を担うことになったのです。 チームメイトと十分なコミュニケーションをとり、試合では正確なパス回しを得意とする笹山選手。それに加えて、今シーズンは第8節まで成功率33.6%(16位)と3Pシュートも好調です。

24番 ジャスティン・バーレル選手 PF/C

1987年4月18日生まれ、アメリカ出身。身長204cm、体重111kgのジャスティン・バーレル選手。 2011年よりbjリーグの横浜ビー・コルセアーズに加入し、プロ1年目ながらもレギュラーシーズンMVPとベスト5を獲得。その後、フランス、イタリア、千葉ジェッツを経て、2015-16シーズンより名古屋ダイヤモンドドルフィンズに加入。これまでレジー・ゲージーHCの指揮するチームに所属するのは3度目です。
今シーズンは、1試合平均の得点18.9(6位)、ブロック1.3(8位)、リバウンド9.1(8位)。ゴール下では攻守にわたって大活躍で、第8節までB1西地区2位の原動力となっています。

まとめ

大阪エヴェッサ、琉球ゴールデンキングスなどbjリーグの強豪が揃うB1西地区。 その中でも、名古屋ダイヤモンドドルフィンズは第8節終了時点で2位と好調の滑り出しを見せました。 果たして、この勢いを維持できるのか。これからのシーズン中盤戦に注目です。

関連記事

おすすめの記事