「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Bリーグ【滋賀レイクスターズ】注目選手まとめ

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://basket-count.com

バスケットボールファンの方へ。 滋賀レイクスターズは、滋賀県唯一のプロスポーツチームです(2016年現在)。 今回は、そんな滋賀レイクスターズについてご紹介します。

滋賀レイクスターズとは

滋賀レイクスターズは、滋賀県大津市に本拠地を置くチームです。所属カンファレンスはB1西地区です。チームは2007年に発足。当初はbjリーグへ参入し、現在に至ります。
チーム名の由来は、琵琶湖をはじめとした自然豊かな滋賀県の夜空に、チーム、選手、ブースターが星のように輝いてほしいという願いが込められています。 ホームアリーナはウカルちゃんアリーナで、1試合の平均観客動員数は1888人となっています(2016年第7節終了時点)。

34番 狩野祐介(かのゆうすけ) SG

滋賀レイクスターズから初の日本代表選手となったのが狩野選手です。
福岡県出身の狩野選手は、中学時代に全国オールスターで優勝を経験。しかし、高校時代は全国大会には出場するものの、最高でも準優勝と悔しさを味わうこともありました。大学は東海大学へ進学。4年生の時、キャプテンを務めた最後のインカレで悲願の日本一の座を掴みました。
その後、NBDLの東京エクセレンスへ加入。主力として1年目から活躍し、3年連続リーグ優勝へ大きく貢献しました。2016年6月に滋賀レイクスターズへ移籍し、その1ヶ月後に日本代表にも選出されています。 NBDL出身でありながらも日本代表に選出されたのは、その高いシュート技術を買われてのことでした。

23番 横江豊(よこえゆたか) PG

地元の滋賀県出身で、滋賀レイクスターズの2016年のキャプテンを務めているのが横江選手です。
横江選手は、高校生まで滋賀県で過ごし、大学は日本体育大学へ進学。4年生の時にはキャプテンを務めました。卒業を控えた2012年2月に新人選手契約制度を利用して滋賀レイクスターズへ加入しました。
2016年現在、横江選手を含めて昨シーズンから3名のみの残留となった中で、キャプテンを務めています。PGとして、冷静沈着でありながらも、アグレッシブな守備もできる選手です。

32番 ジュリアン・マブンガ選手 PF

滋賀レイクスターズの「エース」がマブンガ選手です。ジンバブエ出身で、アメリカのマイアミ大学が母校です。卒業後は、イタリア、ウクライナ、イスラエル、コソボといったさまざまな国のリーグを転々とし、2015年から滋賀レイクスターズの一員となりました。
2015年の加入当初から活躍し、最終的に得点、リバウンド、アシストの3部門でチームトップの数字を記録し、チームに欠かせない存在となりました。
リバウンド数からもインサイドに強いことがわかりますが、アウトサイドのシュートも決めることができる器用さも併せ持ちます。

まとめ

以上、滋賀レイクスターズについてご紹介しました。 横江選手のように地元一筋でプレイする姿も魅力的ですし、マブンガ選手の迫力あるプレイスタイルも捨てがたいものがあります。 2016年、チームの選手は大きく入れ替わりましたが、新戦力と既存選手の融合に注目です。

関連記事

おすすめの記事