「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Bリーグ【千葉ジェッツ】注目選手まとめ

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.asahi.com

バスケットボールファンの方へ。 千葉ジェッツは、日本代表の選手が多数在籍しているチームです。 そこで、今回は千葉ジェッツの注目選手をご紹介します。

千葉ジェッツとは

千葉ジェッツは、千葉県船橋市に本拠地を置くチームです。所属カンファレンスはB1東地区です。
チーム名の由来は、千葉県にある成田国際空港のジェット機からきています。ジェット機に子どもたち、千葉県民の夢を乗せて、日本のみならず、世界へ飛び立ってほしいと名付けられました。
2011-12シーズンにbjリーグへ参入し、2013-14シーズンからNBLへ参加しました。
ホームスタジアムは「船橋アリーナ」です。1試合の平均観客動員数は4595人です(2016年第7節終了時点)。これはBリーグで最多となっています。

2番 富樫勇樹(とがしゆうき)選手 PG

冨樫選手は、田臥勇太選手に次ぐ、日本人として2人目のNBA契約をした選手です。
小学校1年生からバスケを始め、中学校時代には全国大会で優勝。U15、U16代表に選出されるなど、当時から全国的な選手でした。高校はアメリカへ留学し、名門のモントローズ・クリスチャン高校へ進学。「シックスマン」として全米で活躍しました。
日本リーグでは、2012-13シーズンにbjリーグ秋田ノーザンハピネッツに入団。2013-14シーズン終了後、NBAに挑戦。その後、2015-16シーズンに千葉ジェッツに加入しています。
プレイスタイルは、スピードのあるドリブル、パスはもちろん、自らシュートを決める得点力も併せ持つスタイルです。

34番 小野龍猛(おのりゅうも)選手 SF/PF

小野選手は、東京都出身で日本代表経験もある選手です。
立教新座中学校時代に全中を経験。その後、国学院久我山高校へ進学しました。小野選手の名が全国へ知れ渡ったのは、高校3年生の時。ウインターカップの京都の名門・洛南高校戦で52得点を記録したのです。その後、中央大学へ進学。ユニバーシアード代表も経験しています。
中央大学卒業後は、アルバルク東京へ入団し、2013年に千葉ジェッツへ移籍。2014年には日本代表にも選出されました。
小野選手は、長身でありながらも、アウトサイドのプレーが得意な選手です。千葉ジェッツの日本人選手の中で屈指の得点力を誇ります。

25番 荒尾岳(あらおがく)選手 F/C

荒尾選手も日本代表経験がある選手です。
富山県出身で、中学2年生の時にバスケットを始めるとすぐに頭角を現し、泊高校時代にはジュニア日本代表に選出されました。
青山学院大学を経て、2009年にトヨタ自動車(現、アルバルク東京)に入団。同年、日本代表に選出され、東アジア選手権を経験。2013年、千葉ジェッツへ移籍しました。
198cm、97kgの体格を活かしたインサイドでの力強いプレーが特長です。また、ルーズボールへの強さにも注目です。

まとめ

以上、千葉ジェッツについてご紹介しました。 日本代表候補選手も多数在籍していることもあり、今後の活躍にも期待が集まります。 同じ地区のアルバルク東京、栃木ブレックスといった強豪相手にどのような戦いをするのか注目です。

関連記事

おすすめの記事