「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Bリーグ第33節】川崎は中地区自力優勝消滅 ファジーカスの連続ダンクも活かせず

Bリーグ,川崎ブレイブサンダース,ニック・ファジーカス,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】富山の変則的なシステムに苦しむも、同点で前半を折り返す

川崎は#33長谷川技のレイアップで先制。続いて#7篠山竜青、#22ニック・ファジーカスに得点され、富山は残り8分3秒のところでタイムアウトを請求する。タイムアウト明けに川崎は富山の変則的なディフェンスに苦しむものの、篠山がフェンスぎりぎりまでボールを追い、#0藤井祐眞もスティールで貢献するなど、富山にリードを許さない展開で1Qを終了した。

2Q、出だしは富山#0レオ・ライオンズに先制されるが、#6船生誠也がシュートを決められず上積みできない。川崎はリングまでのプロセスはうまくいっていたが、得点までは繋がらない。しかし、#22ニック・ファジーカスから#31シェーン・エドワーズにパスを繋げることができると得点が生まれ、篠山のレイアップで6点リードしたところでオフィシャルタイムアウトを迎えた。

その後、富山#7阿部智和に3pを決められ、さらに#34ジョシュア・スミス、ライオンズに得点を許し逆転される。

Bリーグ,川崎ブレイブサンダース,ニック・ファジーカス,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


終盤、長谷川が2本の3pを決めるなど奮闘するものの、結局37-37で前半を折り返す。

おすすめの記事