「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Wリーグ】トヨタ自動車・馬瓜エブリン 改めてリバウンドの重要性を説く

Wリーグ,トヨタ自動車アンテロ―ブス,馬瓜エブリン,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

【DAY1前半】トヨタ自動車・馬瓜エブリンの攻守にわたる活躍でロケットスタート

1月19日(土)に行われたトヨタ自動車vs. 東京羽田。トヨタ自動車は東京羽田に先制を許したが、次の攻撃で速いパス回しから#15安間志織が3pを沈める。守備では#0馬瓜エブリンがブロックショット、スティールと見せ場を作り、自らもパスを受けてジャンプシュートを決めると、さらに#7水島沙紀の3pで7点リード。東京羽田はたまらずタイムアウトを請求した。

切り替えをしたい東京羽田。しかしパスミスが続いて流れを取り戻せず、それを横目に馬瓜エブリンがスコアを重ね、さらにリードを広げていく。

東京羽田#12本橋菜子にようやくこの日初得点が生まれ、チームの得点が動き始める。トヨタ自動車は、水島のレイアップを皮切りに、最後は#12三好南穂の3p、安間のファストブレイクで得点を重ね、26-12で1Qを終えた。

2Q立ち上がりからトヨタ自動車は、#33馬瓜ステファニー、安間のスティールで流れを掴むが、得点にはつながらない。そして、東京羽田#8丹羽裕美に得点されると、トヨタ自動車も#20近藤楓が3pを決めるなど、点の取り合いに。しかし、トヨタ自動車は、近藤が2回続けてディフェンスファウルをコールされてベンチに下がり、チームファウルを重ねてしまう。

Wリーグ,トヨタ自動車アンテロ―ブス,馬瓜エブリン,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


残り2分49秒、15点ビハインドとなった東京羽田は、タイムアウトをコールすると、#6星澤真の得点などで10点差まで詰めていく。トヨタ自動車はタイムアウトを挟んで、ベンチに下がっていた馬瓜エブリンをコートに戻すものの、フリースローの1点しか上積みはできなく、トヨタ自動車が11点リードで前半を終了する。

おすすめの記事