「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大神雄子から馬瓜エブリンへ Wリーグオールスターゲームの新旧スター共演

Wリーグ, Wリーグオールスター,馬瓜エブリン,大神雄子,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

新旧のスター選手がコートに大集結

「Denka presents Wリーグオールスター 2018-19 in TOKYO」が2018年12月29日に大田区総合体育館(東京都大田区)で華々しく開催。今年はWリーグ20周年を記念し、様々な企画が用意された。

まずは、Wリーグとしては初の3人制バスケ「3x3」のイベント、「ステーキハウス ブロンコビリーカップ」3x3 1Day トーナメントが行われた。現役からOGまで総勢16選手が4チームに分かれて戦い、見事優勝に輝いたのは、トヨタ自動車アンテローブス現役・OGで構成された「新栄町モーターズ」。女子3人制バスケの大会の運営も担い、女子3x3を引っ張る存在でもある矢野良子率いるチームがトーナメントを制した。

続いて、Wリーグをこれまで引っ張ってきたレジェンドたちの競演「Wリーグオールスター クラシック」。名門チームJX-ENEOSのOGで構成された「TEAM YELLOW」と、シャンソン、富士通、デンソー、トヨタ自動車、日本航空などのOG選手による「TEAM BLACK」による対戦となった。

「TEAM YELLOW」には、大神雄子、立川真紗美ら往年のJX-ENEOSを引っ張ってきた選手たちが顔をそろえ、「TEAM BLACK」には、永田睦子(元シャンソン化粧品)、有明葵衣(元富士通)らが参戦した。途中、吉田亜沙美、渡嘉敷来夢(共にJX-ENEOS)、本川紗奈生(シャンソン化粧品)ら現役選手の参加や、大神雄子や矢野良子が試合途中で「TEAM BLACK」に移籍するなど、賑やかな試合になった。試合は2Q20分形式で行われ、「TEAM BLACK」が28-21で勝利した。

メインのオールスター前には、60秒間で5か所に分かれたシューティングスポットから各5本シュートを放ち得点を競う「3Pコンテスト」と、ドリブルやパス・シュートのスキルでタイムを競う「スキルチャレンジコンテスト」を開催。

Wリーグ, Wリーグオールスター,馬瓜エブリン,大神雄子,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


「3Pコンテスト」では、3連覇中の山本千夏(富士通)がコンディションの都合により欠場し、代わりに出場を果たした高田汐織(富士通)が20得点で、富士通勢として4連覇を達成。「スキルチャレンジコンテスト」は、4連覇を狙った本川紗奈生を抑え、宮崎早織(JX-ENEOS)が24.4秒で制した。

おすすめの記事