「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バスケ日本男子、幾多のトラブル乗り越え連勝 強さの要因はペイントアタック

2018 12/6 11:00SPAIA編集部
馬場雄大,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

思いがけないトラブルで苦境に立たされたチーム

11月30日、12月3日に富山市総合体育館で行われたワールドカップ アジア2次予選Window5。1次予選で4連敗という崖っぷちから#12渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)、#22ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)、#23八村塁(ゴンザガ大)の加入で4連勝中の男子日本代表がこの2戦も連勝を懸けて試合に臨んだ。

アジア地区からワールドカップ出場権が与えられるのは、グループE、Fの上位3チームと両グループの4位のうち勝敗が多いチームの計7チーム。グループF4位(試合前)の日本代表にとって負けられない連戦となった。

しかし渡邊、八村が所属チームの日程の関係で欠場し、9月のWindow4をケガのため不出場だったファジーカスが復帰したものの約半年ぶりの代表戦。さらには今夏のアジア競技大会やリーグ戦で好調を維持し、第3のPGとして初のA代表入りが目されていたベンドラメ礼生(サンロッカーズ渋谷)がケガで戦線離脱。メンバー構成には若干の不安を残し試合に臨んでいた。

懸念の通り、試合でも苦難は続いた。

30日のカタール戦、2Qの途中で#2富樫勇樹(千葉ジェッツ)がシュートの着地時に相手の足に乗り、足首を痛めて途中退場。さらにはもう一人の司令塔#7篠山竜青(川崎ブレイブサンダース)が3Qでファウルトラブルでベンチに下がり正PGが不在に。

3日のカザフスタン戦も、終盤に#15竹内譲次(アルバルク東京)、#88張本天傑(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)が5ファウル退場で今度は正PFがいない状況に陥ってしまった。

おすすめの記事