「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校バスケ注目の強豪校5選

2016 8/29 11:51
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutter stock.com

バスケ強豪校である洛南高等学校や、船橋市立船橋高等学校など全国区で活躍している高校を5校厳選し、その学校の特徴やバスケ部の戦績、強さの秘密などを紹介する。

京都府の王者 洛南高等学校

真言宗系の高等学校としては随一の進学校である洛南高等学校は、多くの部活動が盛んで、全国レベルの活躍をしている。同校男子バスケットボール部は日本の高校でもトップクラスで、2008年には男子で史上2校目となるウィンターカップ3連覇を達成。その強さは人気漫画「黒子のバスケ」に登場する「洛山高校」のモデルになる程だ。
2015年までは44年間インターハイ京都予選で優勝し続け無敗を誇った。全国の地域代表選手や、ジュニアバスケットボール大会の優秀選手を多く入部させていることが強さの理由である。

強豪の一角 福岡大学附属大濠高等学校

私立の中高一貫校で、地元民からは通称「大濠」または「福大大濠」と呼ばれ親しまれている。開学以来男子校だったが少子化に伴い、現在は共学となっている。質実剛健という校風の下で多くの部活動が盛んに行われている。
同校の男子バスケットボール部は1951年に創部し、片峯聡太監督の下で総体、ウィンターカップ、国体で合わせて9回の優勝、13回にのぼる準優勝に輝いた。県内は勿論のこと県外からも優秀な人材を集め、全国大会常連校の座を維持しているのだ。

おすすめの記事