「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界初の3人制バスケ女子プロリーグ「3x3.EXE PREMIRE」女子カテゴリー、早くも大混戦ムード

3人制バスケ女子プロリーグ,シャンテル・オサホー,岡田麻央
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

世界初の3人制バスケ女子プロリーグ

世界初となる3人制バスケ女子プロリーグが、「3x3.EXE PREMIRE」女子カテゴリーとして日本に誕生。現在日本は、3x3女子バスケランキングで22位(2018年8月6日現在)。

【初年度参加チーム】
・BEEFMAN.EXE(神奈川県横浜市)
・TOKYO DIME.EXE(東京都渋谷区)
・SEKAIE.EXE(愛知県名古屋市)
・SANKAK.EXE(東京都新宿区)
・TACHIKAWA DICE.EXE(東京都立川市)
・SUNS.EXE(神奈川県湘南地区)

【試合方式】
上記6チームが2つのグループに分かれ、それぞれのグループで総当たりのリーグ戦を実施し、上位2チームで決勝戦を行う。グループごとで優勝を決め、優勝したチームはプレミアポイント2点、準優勝チームは1点が与えられる。

3x3.EXE PREMIRE,3人制バスケ,TOKYODIME,SANKAK

Ⓒマンティー・チダ

ROUND2まで終了し、優勝チームが全て違う大混戦

グループリーグ全チーム1勝1敗から順位決定方法に準じ、決勝に進んだチームが決まったROUND1。SEKAIE.EXEとSUNS.EXEがそれぞれラウンド優勝を決め、ノックアウト勝利(10分以内でも21点先取した場合)が1試合もない大接戦は、ROUND2まで続いた。

グループAは、登録選手全員がリバウンドもアウトサイドシュートも打つことができるSUNS.EXEが2連勝で決勝進出を決めた。ROUND2が冠ゲームとなったTOKYO DIME.EXEは、初戦でSUNS.EXEに敗れ、2戦目のSANKAK.EXE戦でも終始追いかける展開に。その後、予選敗退危機まで追い込まれたものの#0シャンテル・オサホー(元WNBA)のブザービーターにより、辛くも1点差で決勝進出に。

一方、グループBは3チームが1勝1敗で並び、順位決定方法に従いBEEFMAN.EXE・TACHIKAWA DICE.EXEが決勝に進んだ。

迎えた決勝戦でグループAは、シャンデル・オサホーと#21有明葵衣の連続得点で終盤SUNS.EXEを突き放し、TOKYO DIME.EXEがラウンド初優勝。グループBは、TACHIKAWA DICE.EXEが21-11でBEEFMAN.EXEを破り、女子カテゴリー初のノックアウトでラウンド勝利を決めた。これで2ラウンドを通じ、優勝チームが全て違うという異例の事態に。

ROUND2が終了し、SUNS.EXEとTOKYO DIME.EXEが並び、順位決定方法よりSUNS.EXEが首位に。SANKAK.EXE以外の残り3チームも1ポイント差で追いかける大混戦で今後も目が離せない。

3x3.EXE PREMIRE,3人制バスケ,TOKYODIME,SANKAK

Ⓒマンティー・チダ

おすすめの記事