「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関東大学女子バスケリサーチ!新人戦から将来を担う1年生は誰?

関東大学女子バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

東京医療保健大学が新人戦3連覇の偉業を達成

第8回関東大学女子バスケットボール新人戦が行われ、東京医療保健大学が白鴎大学を87-77で下し3年連続3回目の優勝を果たした。

2年連続の顔合わせとなった決勝では、後半だけで4本の3pシュートを沈めた#21加治屋、新人戦ではゲームキャプテンを務めた#34阿部が勝負所で得点を稼ぐなど、東京医療保健大学が優位に試合を進めた。4Qに白鴎大学は、#5神﨑らが果敢にドライブでインサイドに入る動きを見せ、点差を詰めていくが、東京医療保健大学が最後は逃げ切り3連覇を達成した。

新人戦は春の選手権や秋のリーグ戦とは違い、下級生が中心になって試合を進める。下級生をしっかりチェックできる良い機会でもある。今回は春に大学生になったばかりの1年生に注目をしてみた。順を追って紹介しよう。

関東大学女子バスケ

「ガードとしてチームを引っ張って行くことが大事」東京医療保健大学・木村亜美

新人戦3連覇という偉業を達成した東京医療保健大学。中心選手の一人が1年生の司令塔、#12木村亜美。決勝だけで11本のアシストを数え、大会を通しても18本決めてアシスト王にも輝いた。守備においても、10本のスティールを獲得した。

東京医療保健大学と言えば、昨年の新人戦チームキャプテンを務めた岡田英里、日本代表候補にも選出されている永田萌絵などポイントガードは充実している。今大会を通じて「やるべきことをする。ガードとしてチームを引っ張っていくことが大事だったので、しっかりできた」と振り返る。下級生でも物おじせず試合に臨んだことが伺える。

「自分の持ち味はアタックとシュート。一から出直したい」と話す木村。秋のリーグ戦で、上級生に割って司令塔のポジションに座ることができれば、チームとしても多彩な攻撃ができるし、タイムシェアの選択肢も増える。

決勝戦後のインタビューで恩塚亨監督が「インカレ連覇という事は考えずにじっくりやっていきたい」と今後の抱負を述べた。春の悔しさを晴らすためには、下級生の成長がもっとも大事な事なのかもしれない。

木村亜美

おすすめの記事