「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【でーじ強い】沖縄県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケ 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

南国沖縄県で、現在注目を浴びている高校バスケ強豪校。暑さに負けないスタミナが、チームの強さの秘密なのか?

那覇市長からも応援される強豪校 那覇高等学校

那覇高等学校女子バスケ部は、平成25年度に行われた「第56回全沖縄高校バスケットボール選手権」で優勝し、ウインターカップに出場した。ウインターカップ出場前には、那覇市長から激励の言葉をかけてもらうほどの実力あるチームだ。
卒業後も、OB・OGとして那覇高校のバスケ部をサポートし、長年にわたって強豪校として活躍している。多くの人たちから支えられる部活であるからこそ、ここぞというときの粘り強さで勝ち上がるのだろう。

驚異のバスケ強豪校 興南高等学校

学業もスポーツも定評がある興南高等学校は、沖縄県那覇市古島にある学校だ。生徒一人ひとりの個性に合わせ、難関国公立大学へ現役合格を目指す「フロンティアコース」、学業を重視し部活にも打ち込める「特別進学コース」、スポーツ推薦も目指せる「総合進学コース」に分かれている。
興南高校男子バスケ部は、平成25年度の沖縄県大会で優勝しており、毎年安定した成績を収めているので、今後の活躍にも十分に期待ができる。ウインターカップに出場している全国レベルの強豪校なので、ぜひチェックしておこう。

文武両道のバスケ魂 北中城高等学校

平成27年度に行われた「第34回小橋川寛杯争奪高校生バスケットボール選手権大会」では、沖縄県3位に選ばれ、九州大会出場を果たした強豪校だ。学業でも熱心な取り組みが有名な学校で、特進クラスでは難関国公立や難関私立大学に合格する生徒も多い。
文武両道の精神がある北中城高校は、今後も高校バスケ界を盛り上げる強豪校として注目されるだろう。

熱き思いで強豪校として活躍 小禄高等学校

「素直さ」「謙虚さ」「感謝の気持ち」を忘れずに、走るバスケで着実に勝ち上がるのが、小禄高等学校バスケ部の魅力だ。男子バスケ部は、平成27年度に「那覇県高校総合体育大会バスケットボール競技」と「全沖縄高校バスケットボール選手権大会」で優勝している。
女子バスケ部も、平成27年度と平成28年度に「那覇南部地区大会」でベスト4に選ばれており、男女ともに全国レベルで優秀な成績を収めているため、非常に注目を浴びている。

沖縄県有数のスポーツ校 糸満高等学校

多くの部活動が九州大会出場を果たし、現在でも全国レベルの選手が多数在籍している糸満高校。バスケ部も、男女ともに強豪校として知られている。
平成28年沖縄県大会での男子バスケ部はベスト8、女子バスケ部は準優勝の成績を収めた。女子バスケ部は九州大会出場が決まり、さらなる高みを目指して練習しており、男子バスケ部も他の強豪校と練習試合を重ね、スキルアップを図っている。スポーツ校として有名な糸満高校だが、今後バスケでも快挙を成し遂げてほしい。

まとめ

沖縄県のバスケ部は相当レベルが高く、他県からも注目される高校が多いので、バスケファンはぜひ沖縄の高校バスケ事情を把握しておいた方がいいだろう。

関連記事

おすすめの記事