「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【全国制覇するばい!】長崎県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケ 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

長崎県の高校バスケに興味のある方へ。
強豪校を知りたい人必見。長崎県のバスケ強豪校5選を紹介する。

ウインターカップ出場の強豪校 県立長崎工業高等学校

県立長崎工業高等学校は、機械科や電子工学科など、技術職を目指している学生が多く集まる学校。バスケ部の実力は全国レベルであり、「東日本大震災復興支援ウインターカップ2013」に出場するほどの強豪校だ。
「ものづくり」の精神を持ち、資格取得に励み、多様な進路を考えている中、部活動にも全力を注いでいます。長崎工業高校のバスケ部は、長崎県内でとても注目度が高く、今後ともますます活躍が期待される。

九州大会出場の強豪校 長崎西高等学校

長崎西高等学校のバスケ部は、毎年勢いがある。平成27年度「長崎県高等学校新人体育大会バスケットボール競技」では、男子が5年連続11回目の優勝、女子が2年ぶり7回目の優勝を果たした。
毎年、男女ともベスト4に入る実力があるので、県大会でも優秀な成績を収めている。平成28年度に行われた「第68回 長崎県高等学校総合体育大会」では、男子が5年連続16回目の優勝を決めた。九州大会にも出場し、安定した実力があるとの評判だ。

女子バスケの強豪校 純心女子高等学校

純心女子高等学校は、長崎市文教町にある中高一貫校です。国公立進学を意識したコースカリキュラムもあり、長期スパンでの計画的な学習指導が行われている。「主体性への挑戦」を教育目標としており、多くの部活動でも優秀な成績を収めている。
バスケ部の実力もトップクラスで、ウインターカップに出場した経験がある。県内の大会で何度も優勝している純心女子高校なので、その実力は確かなのだろう。女子バスケに興味のある方は、必ずチェックしておきたい高校だ。

サポートばっちりの長崎バスケ 海星高等学校

海星高等学校の男子バスケ部は、平成26年度の長崎県大会で優勝し、ウインターカップに出場した。その年のウインターカップは惜しくも初戦敗退だったが、毎年他の強豪校と白熱した試合を繰り広げている。海星高校は中高一貫校であり、進学を意識した高いレベルでの学習指導も行われている。
忙しい毎日の中でバスケ部は日々練習に励む。ウインターカップ出場が決まったときには壮行会が行われるほど、周囲から支えられている。ぜひとも、またウインターカップ出場したときは全国制覇を達成してほしい。

身長差があっても強豪校の仲間入り 西海学園高等学校

平成26年度「佐世保地区高等学校新人体育大会バスケットボール競技大会」で、見事準優勝を果たした。このときのバスケ部は、他の強豪校と比べて身長の低い選手が多いという評判があった。しかし、身長差は技術面でカバーすることで、こうして優秀な成績を収めている。
西海学園高校は特別進学コースだけでなく、医療系、公務員、ビジネスなど、生徒一人ひとりの進路に合ったクラス選択ができる。柔軟な対応をしている教育であるからこそ、バスケ部も個々に工夫して勝ち上がる術を身に付けたのかもしれない。

まとめ


長崎県のバスケ強豪校は、特色のある学校ばかりだ。個性的な選手も多いので、これからも注目が集まるに違いない。

関連記事

おすすめの記事