「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【たまがる強さ】熊本県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケ試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

B.LEAGUE所属チーム『熊本ヴォルターズ』のお膝元である熊本県は、全国制覇を目指し様々な強豪校がしのぎを削っている。ウインターカップ常連の強豪校「九州学院高等学校」や全国3位の強豪校「県立大津高等学校」など、熊本県内のバスケ強豪校を5校紹介する。

ウインターカップ常連の強豪校 九州学院高等学校

「敬天愛人」が教訓の九州学院高校は、お互いの人格形成を尊重し合う教育に力を入れている。「敬天愛人」とは、「神を敬い、人を愛せよ」という意味であり、バスケ部も人徳のある学生たちが集まっている。
バスケの実力も、神がかっている強さで有名だ。平成28年度の時点で、男子バスケ部は熊本県高校総体5連覇中、ウインターカップ4連覇中の強豪校。今後ますます注目が集まり、全国でも上位に入るだろう。
入部条件が「3年間続けられる者」であり、根性と忍耐がなければ続けられない。

全国3位の強豪校 県立大津高等学校

県立大津高等学校のバスケ部は、男女とも全国レベルとして知られている。女子バスケ部は、県大会で優勝する強豪校であり、ウインターカップでも白熱した試合を繰り広げる。
男子バスケ部は、平成22年度のウインターカップで勝ち上がり、見事3位に選ばれた。全国3位の実績を残し、現在でも強豪校として注目されている。「変幻自在」を部旗にしているほど、常に人を魅了するバスケを心がけている。
男女とも全国制覇に期待が高まっており、要チェックの高校と言える。

おすすめの記事