「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【たまがる強さ】熊本県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケ試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

B.LEAGUE所属チーム『熊本ヴォルターズ』のお膝元である熊本県は、全国制覇を目指し様々な強豪校がしのぎを削っている。ウインターカップ常連の強豪校「九州学院高等学校」や全国3位の強豪校「県立大津高等学校」など、熊本県内のバスケ強豪校を5校紹介する。

ウインターカップ常連の強豪校 九州学院高等学校

「敬天愛人」が教訓の九州学院高校は、お互いの人格形成を尊重し合う教育に力を入れている。「敬天愛人」とは、「神を敬い、人を愛せよ」という意味であり、バスケ部も人徳のある学生たちが集まっている。
バスケの実力も、神がかっている強さで有名だ。平成28年度の時点で、男子バスケ部は熊本県高校総体5連覇中、ウインターカップ4連覇中の強豪校。今後ますます注目が集まり、全国でも上位に入るだろう。
入部条件が「3年間続けられる者」であり、根性と忍耐がなければ続けられない。

全国3位の強豪校 県立大津高等学校

県立大津高等学校のバスケ部は、男女とも全国レベルとして知られている。女子バスケ部は、県大会で優勝する強豪校であり、ウインターカップでも白熱した試合を繰り広げる。
男子バスケ部は、平成22年度のウインターカップで勝ち上がり、見事3位に選ばれた。全国3位の実績を残し、現在でも強豪校として注目されている。「変幻自在」を部旗にしているほど、常に人を魅了するバスケを心がけている。
男女とも全国制覇に期待が高まっており、要チェックの高校と言える。

全国レベルの熊本バスケ 熊本第二高等学校

熊本第二高校の正式名称は、「熊本県立第二高等学校」だ。県立の高校でありながら、毎年ハイレベルなバスケの実力を持った生徒が入部してくる。
熊本第二高校の強みは、数多くの大会に参加しているところだ。県大会だけではなく、春季大会、新人大会、ハヤシカップ、モルテンカップなど、大小さまざまな大会で経験を積んでいる。西日本大会にも出場する実力であり、全国でも強豪校として名前が知れ渡っている。

少人数ながらも強豪校の仲間入り 国府高等学校

平成28年度の時点で男子19名、女子18名の少人数バスケ部だ。しかし、他の強豪校よりも人数が少ないからこそ、短期間でも個々のスキルを高めることができるのだ。新人大会だけでなく、1年生大会やウインターカップ予選、九州大会予選など、積極的に大会に参加している。
県大会では女子バスケ部がベスト4に入り、全国レベルの強豪校にも負けない実力を持っている。熊本県の高校バスケはハイレベルなため、ベスト4に入るだけでも注目を浴びる。県大会優勝を果たし、全国制覇できる高校を目指す。

女子バスケで圧倒的な強さ 慶誠高等学校

生徒一人ひとりが、「自主的精神を持った誠実な人間」に成長できる環境をサポートしている高校だ。部活動では、サッカーやバレー、卓球で優秀な成績を収めているが、バスケ部も負けていない。女子バスケ部は、平成17年度のインターハイで準優勝を果たした。
全国2位の実績により、高校バスケ界で誰もが知っている強豪校となった。現在でもその実力は劣ることなく、毎年多くの大会で優勝を果たしている。挨拶と掃除を徹底し、まっすぐな思いでバスケと向き合う選手が多い。

まとめ

熊本県は、全国制覇まであと一歩だったバスケ部も多い。毎年、激戦が予想される高校バスケ界の中でも熊本県は強豪校が集う地域だ。今回紹介した5つの強豪校は特に注目度が高くなっている。

関連記事

おすすめの記事