「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【しら真剣!】大分県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケ ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

大分県のバスケットボール部は実力があり、全国で通用するレベルだ。そこで今回は、「柳ヶ浦高校」「県立中津北高校」「大分舞鶴高校」「大分豊府高校」「日田高校」の5つの強豪校を紹介する。現在も実力が伸びている高校が多く、今後の進展が楽しみである。

全国でも有名な強豪校 柳ヶ浦高等学校

大分県宇佐市にある柳ヶ浦高等学校は、インターハイにも全国大会にも出場経験のある強豪校である。平成25年の「第44回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会」出場前には、「全国大会での悔いは、全国大会で返す」と決意表明したほど、熱意のあるバスケ部だ。
実力は全国でもトップクラスなので、全国制覇をするときもやってくるはずだ。大分県の高校バスケで、まず知っておきたい学校なのでチェックしておこう。

ウインターカップの常連強豪校 県立中津北高等学校

大分県立中津北高等学校の女子バスケ部は、平成26年度の「ウインターカップ県予選」を5年連続8回目の優勝で飾った。全国大会にも出場し、ハイレベルな試合を展開する強豪校である。文化祭などのイベントが盛んに行われている中津北高校は、和気あいあいとした雰囲気の学校だ。
しかし、学業と部活動は本気の取り組みを行っており、文武両道の精神で心豊かなたくましい生徒が育っている。バスケ部も全国に通用する強さを持ちながら、学業をおろそかにせず、楽しむときは思いっきり楽しんでいる様子がうかがえる。

心身の強さと粘り強いバスケ 大分舞鶴高等学校

大分舞鶴高等学校は、「しまれ、がんばれ、ねばれ、おしきれ」の舞鶴魂を教育目標とし、学科は普通科と理数科がある。
バスケ部の目標は「基本的生活習慣の確立」など、基礎から鍛えている。男女とも数多くの大会に参加し、ベスト8に入る実力を持っている。粘り強いバスケと、普段の生活で鍛えた心身の強さで勝ち上がっていくのが特徴だ。

勢いのある女子バスケ 大分豊府高等学校

「巻き起こせ 豊府の風」というキャッチフレーズで有名な大分豊府高等学校だが、女子バスケ部の活躍に勢いがある。平成25年度にインターハイ出場を果たし、大分県の高校バスケファンに多くの感動を与えた。
全国でもトップレベルの実力を誇り、質の高い練習で日々スキルアップをしている。周りの熱いサポートがあるからこそ、全国の地でも活躍できるのだろう。地元愛を感じる大分豊府高校のバスケは、まさに「巻き起こせ 豊府の風」を表している。

伸び上がる大分県の注目校 日田高等学校

平成18年度の「第37回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会」に出場した日田高等学校は、これが創部初めての全国大会出場だった。チーム創部が昭和23年なので、歴史的快挙となった。
この全国大会出場を機に、日田高校の活躍は県内でも注目の的になっている。大会でも上位成績を収めるようになり、現在では強豪校として知られている。今後の活躍にも、ますます期待が高まる。チームワークも良く、明るく活気のある部活としても有名だ。

まとめ

いかがだろうか?
大分県のバスケ部は、和気あいあいとしたチームが多い。しかし、バスケの実力は全国でも通用するレベルで、現在も伸びている高校が目立つ。
今後、どの高校が全国制覇するのか楽しみだ。

関連記事

おすすめの記事