「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【全国制覇ぜよ!】高知県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケ チーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

四国の高校バスケに興味がある方へ。
もっと高校バスケを知ってもらうために、今回は高知県のバスケ強豪校5選を紹介します。

インターハイ常連の強豪校 明徳義塾高等学校

明徳義塾高校は有名進学校であり、数多くのプロスポーツ選手を輩出してきた。中高一貫校であり、ハイレベルな学習指導で難関国公立に合格する生徒も多い。
その中にあって、明徳義塾高校のバスケ部は、何度もインターハイ出場を果たす強豪校として知られている。全国レベルの実力で、多くのメディアにも注目されるほどだ。高知県の高校バスケ事情を知るには、まず最初にチェックしておいたほうが良い。

女子バスケの有名強豪校 県立岡豊高等学校

県立岡豊(おこう)高等学校の女子バスケ部は、平成27年度の時点で3年生5人、2年生7人、1年生7人、計19人だった。他の強豪校と比べて、人数が少ない。
しかし、岡豊高校の凄さは、少人数でありながら「高校総体出場10回、高校選抜出場11回」という実績があるところだ。目標も全国ベスト8であり、常に高みを目指している有名強豪校。県立の高校で部員も集まらない年もあるにもかかわらず、ここまで安定した成績を収めている。

四国大会に出場した強豪校 高知工業高等学校

高知工業高校バスケ部は、平成27年度の「高知県高等学校バスケットボール冬季選手権大会」で準優勝だった。この成績をきっかけに、四国大会に出場できる権利を獲得した。
さらに、平成28年度の「高知県高等学校バスケットボール春季選手権大会」でも準優勝。近年、成長著しい強豪校だと言っても過言ではない。高知工業高校の活躍は、今後ますます注目を浴びること間違いない。県大会でも優勝、全国でも活躍することが期待される。

全国出場のバスケ魂 高知商業高等学校

男女ともに全力でバスケに取り組み、安定した強さのある強豪校だ。男子はシード権獲得、冬季大会でもベスト8という実力。女子も平成27年度の県大会では、ベスト4入りした。
過去には県大会優勝だけでなく、四国大会を10年連続出場した実績もある。インターハイや選抜大会などの全国大会にも出場したが、初戦敗退が多く、悔しい思いをしている。そのため、「全国大会1回戦突破」が目標だ。

熱き思いのバスケ部 高知中央高等学校

「目指すはてっぺん、日本一」を目標にする高知中央高校のバスケ部は、「あったかくて、熱い」チームワークを旨とし、強豪校として活躍する。
また、同年度の「四国総体」でも3位入賞し、高知県の代表として熱き試合を繰り広げてきた。監督・顧問・トレーナー・選手たちの志が高く、本気で日本一を目指しているバスケに、心打たれるものがある。

まとめ

高知県は、バスケのレベルが高いことがわかる
全国大会でも活躍している強豪校が、四国大会で負けてしまうこともある。高知県の高校バスケを今後注視していく必要がある。

以上「【全国制覇ぜよ!】高知県のバスケ強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事