「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【見に来てごしない!】鳥取県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

バスケを愛する方々へ。
バスケをやるなら、バスケを観るなら、鳥取県のバスケ強豪校をチェックしておきたいですよね。
以下に5校をピックアップします。

鳥取県を代表する強豪校【鳥取東高校】

県内有数の進学校で高校偏差値は上位に入ります。男子バスケットボール部はよく知られており、連年全国大会に顔を出します。まさに文武両道を具現していると言えるでしょう。
「百忍通意」を理想とし、バスケットボールに真剣に向かう中で、積極性・自主性などの逞しい人間性を養うことを目標としています。部員数は32名。ウインターカップ2015県予選では6年連続15回目の優勝を果たしました。名実ともに県下ナンバーワンの強豪校です。

トップをまっしぐら!女子バスケ【倉吉北高校】

倉吉市にある私立高校です。鳥取県中部に位置し、県内3大河川である天神川沿いにあり自然豊かな環境に恵まれています。バスケットボール部としては、過去男子バスケ部にインターハイとウインターカップ出場経験がありプロバスケ選手も送り出しましたが、特に今注目したいのは女子バスケ部です。
ウインターカップ2015予選では3年ぶり19回目の優勝、2016年県総体では2年連続33回目の優勝と、実績を伸ばし続けています。更なるチーム力アップを目指して邁進中です。

バスケって楽しい!【米子南高校】

米子市にある県立高校です。商業学科と家庭学科があり、家庭学科では卒業時に調理師免許受験資格が取得できます。女子の比率が9割で共学にしては女子高のよう。女子だけのクラスがある学年もあります。女子バスケットボール部が近年勢いづいてきており、2014年県総体では37年ぶりの優勝という快挙を成し遂げています。
ウインターカップ2014予選では2年連続2回目の出場を果たしました。先輩後輩みんなが仲良しですが、コートの中に入ったときは皆真剣そのもの。その切り替え上手が女子バスケ部の魅力です。

走り勝つバスケ【鳥取工業高校】

創立70年を超える歴史ある工業高校です。バスケ部は昭和16年に創部された伝統の部。昭和30年代は鳥工バスケの全盛期で全国べスト4に入賞したことがあり、「古豪鳥工」と呼ばれていました。中には日本代表選手にまで上り詰めた卒業生もいます。
その伝統ある「鳥工魂」を引き継ぎ、「走り勝つ」ことをスローガンに日々練習しています。近年の成績としては2015年ウインターカップおよび県総体にそれぞれベスト8入り。「鳥工魂」を繋いでいます。

忍耐力の賜物、男子バスケ【米子工業高校】

通称は「米工(べいこう)」。米子工業高校は2013年に創立90周年を迎えました。工業高校としては最も長い歴史を誇ります。集中力・忍耐力・協調性を養う場としての部活動の活性化が重要視され力を注がれています。工業専門の部活動もあり、中国大会や全国大会の常連校となっています。
男子バスケットボール部はウインターカップ2015予選で悲願の優勝を勝ち取りました。近年は2位、3位に入賞するも惜しくも優勝を逃していましたが、実に11年ぶり3度目の快挙です。他の強豪に引けを取りません。

まとめ

毎年全国大会出場の強豪校から、伝統を引き継ぎ粘り強いプレイを見せてくれる高校まで、トップレベルの競技力で観る者を魅了します。選手たちと感動を共有しましょう!

以上「【見に来てごしない!】鳥取県のバスケ強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事