「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【好きだけん】島根県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 04:36
バスケ、日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

島根スサノオマジックのお膝元である島根県は、昔からバスケが盛んな地域である。高校バスケも強く強豪校も多い。
今回は島根県の強豪校を5校紹介する。

強豪校と言えば松江東高校

松江東高校は松江市にある公立高等学校で、周辺には島根大学がある。
近年では男子バスケ部がインターハイの常連となっており、2016第60回中国高等学校バスケットボール選手権大会において島根県勢で3位にランクインした。またウインターカップ2015では初戦突破を果たしている。部員数は23人と小さなチームだが、平面的な動きとシュート力の研鑽に重点を置き「中国大会優勝」と「全国大会ベスト8」を目標に掲げている。
実績を上げている女子バスケ部も見逃せない。

松江商業高校女子バスケ部

松江商業高校は山陰で初めて誕生した創立100余年の歴史と伝統を誇る高校だ。「松商」は文武両立を実践しており、部活動が充実している。
平成28年度県総体の男女総合で6位、女子総合では2年ぶり27回目優勝の成績を残した。女子バスケ部はウインターカップ2015で松江東高校男子バスケ部と共に1回戦突破を果たしている。
また平成28年度中国高等学校バスケットボール選手権大会 県2次予選では4年連続31回目の優勝を果たし、中国大会に出場するなど、強豪校の地位を譲らない。

島根県の強豪校、出雲北陵高校

出雲北陵は出雲平野の北東、自然豊かな田園風景の中に位置する私立中学校・高等学校で、県内でも長い歴史を誇る学園である。勉学、スポーツ、芸術、更には国際交流が盛んな特徴があり、快適な生活空間を目指し「美しい緑の学園づくり」を進めている。
男子バスケットボール部は過去県大会9連覇を果たし、島根県を代表するバスケットボール部の一つに成長した。女子バスケットボール部も全国大会に出場もした伝統ある部となっている。
平成27年度島根県選手権大会では男女共に第3位に入賞するなど目が離せない高校だ。

松江西高校男子バスケ部

松江西高校は松江市の橋南地区に位置し、普通科と総合ビジネス科が併設されている。男子バスケットボール部はインターハイ2014バスケ島根県予選では初優勝を達成、2014年国体に出場を果たしている。
2016年県総体では2年ぶり2回目の優勝を果たした。近年成績を伸ばしている高校であり、これからの活躍が期待されている。

益田市の明誠高校バスケ部

明誠高等学校は益田市にある私立高校だ。勉強のほか、文化やスポーツ面での活動に重点を置き、年間を通して様々な特徴あるイベントを企画している。
女子バスケットボール部は頭角を現してきており、平成26年度には島根県選手権大会では県総体準優勝校の松江東を接戦で下し、決勝に進出。強豪校である松江商業に敗れたが準優勝を果たした。平成28年度県総体においては初優勝という快挙を成し遂げている。女子バスケ部は着実に実力を付けており、今後の活躍が楽しみである。

まとめ

広瀬健太選手を輩出した松江東高校を筆頭に、そのほかの高校バスケ部も今後一層の飛躍が期待されている。

関連記事

おすすめの記事