「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【任しときんさい!】広島県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケットボール、シュート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

広島県のバスケ強豪校をチェック。歴史ある伝統校や偏差値が高い難関校など校風は様々だが、いずれの高校も素晴らしい実力の持ち主だ。

全国レベルの強豪校【広島皆実高校】

広島皆実高校は2011年に創立110周年を迎えた伝統校で、部活動が盛んで毎年多くの部が全国大会に出場している。
バスケ部も例外ではなく、2016年には男女とも総体で優勝している。男子バスケ部はこれで3年連続18回目のインターハイ出場となり、同じく女子バスケ部も3年ぶり19回目の優勝を飾っている。更に注目すべきは、2015年女子U-16日本代表チームに1名選定されたことだ。名実ともに文武両立を体現している高校と言えるだろう。

他の強豪校に引けをとらない【如水館高校】

如水館高校の偏差値は私立でトップ、県内ではトップ5にランクインしており、受験倍率が2.1倍の難関校だ。勉学はもちろん、スポーツ活動も積極的に行われており、野球やサッカーなどが有名で、男子バスケ部も各大会で県内上位を争うほどの強豪校だ。
2012年は中国高校選手権大会への切符を手にし、2013年に中国地方でトップの座に躍り出た。持ち前の苦境に負けない精神力を武器に、2013、2014年県総体では他の精鋭高校を破り連続で優勝しており、今後の活躍が大いに期待される。

仲間との絆が元気の素【広島観音高校】女子バスケ部

広島市にある自由と責任を尊重する県立広島観音高校。女子バスケットボール部は仲間との絆を源とし、熱心に練習に取り組んでいる。近年は広島県ベスト4に定着という形で、その成果が如実に現れてきた。
ウインターカップ2015では2年連続4回目の出場を果たしている。2016年中国高校選手権大会広島大会と県総体では、惜しくも強豪広島皆実高校に勝利を譲りましたが、いずれも善戦している。これからぐんぐん伸びることは、間違いないだろう。

伝統の男子バスケ部、新鋭の女子バスケ部【広島商業高校】

所在は広島市中区、明治32年に設立された歴史ある高校だ。男子バスケ部は、インターハイに県内最多の22回出場、ウインターカップには13回の出場を誇り、第3回春の選抜で優勝した経験があるなど伝統ある部だ。
プロバスケット選手の仲摩純平選手を輩出している。近年では女子バスケ部が活躍しており、2016年県総体では3位にとどまったものの、前年の2015年県総体では実に10年ぶり9回目の優勝という快挙を遂げ、見事全国大会への切符を手にした。将来が楽しみな高校だ。

プロバスケ選手を輩出【美鈴が丘高校】

美鈴が丘高校は、広島市佐伯区の美鈴が丘団地内にある私立高校だ。開校が昭和63年と、広島市立としては最も新しい高校だ。バスケットボール部は近年、目立った成績を残していないものの、男女とも健闘している。
他の4強の次に、県内で全国大会出場経験のある高校だ。過去に男子はインターハイ6回、ウインターカップ4回出場の経験があり、女子も中国大会や全国大会に出場するなど実績を残している。男子バスケ部からは、プロバスケット選手を2名輩出している。伝統校として今後注目したい。

まとめ

広島県のバスケ強豪校は、スピードに溢れた思いきりの良いバスケットが期待できそうだ。
ぜひ皆で感動を共有しよう。

関連記事

おすすめの記事