「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ぼっけぇ強え!】岡山県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

岡山県のバスケ強豪校には、古い歴史や高いチーム目標、特徴ある練習方法に徹底した校風などがある。強豪校でありながら、決してそれだけに囚われない指導方針が強さの秘密かもしれない。

岡山県立岡山工業高等学校バスケ部

岡山県岡山市北区にある岡山工業高校は、中国地方でも屈指の長い歴史を持ち、地元では「岡工」と呼ばれ親しまれている。体育部は20部あり、文武両道に力を入れている。
中でも、今年の岡山県春季大会で優勝し、中国高校バスケット選手権大会でも3位に入賞した男子バスケットボール部は、県内トップクラスの名門だ。平成23年以降、岡山県バスケットボール協会が選出する優秀選手を5年連続で輩出しており、毎年安定した成績を残している。今年6月に行われる岡山県総体では優勝候補の筆頭にあげられる注目校だ。

就実高等学校バスケ部

岡山県岡山市北区にある就実高校は、明治37年創立の名門校だ。校名は「去華就実」(華を去り実に就く)に由来し、もとは女子高だったが、2009年から共学になった。
春の高校バレーで2度の優勝を誇る女子バレー部も有名だが、女子バスケットボール部は全国大会の常連として知られている強豪校だ。平成10年以降、毎年岡山県バスケットボール協会選出の優秀選手を輩出しており、「全国で勝つこと」という高い目標を持ち戦う伝統あるチームだ。

岡山県立玉野光南高等学校バスケ部

岡山県玉野市の玉野光南高校は、全県学区の県立高校だ。その名の通り「体育科」では毎日体育の授業が行われ、非常に運動部活動に力を入れている。
男子バスケットボール部は単にバスケの実力を上達させることだけでなく、バスケを通じて人に支えられることや支えることの大切さを学び、人間としての内面を成長させることを重視している。プレーでは「誰にでもできるバスケット」を目指し、身長や足の速さに執着せず、緻密なチームプレーで全国で勝てるチーム作りを行っている。

岡山県立倉敷青陵高等学校バスケ部

岡山県倉敷市の倉敷青陵高校の校名は「永遠の理想を追求する青春の陵(おか)」に由来し、前身から数えて創立100年を超える名門校だ。
男子バスケットボール部では、限られた時間で学業と部活動を両立させることをモットーとしている。お互いにコミュニケーションを取り合うことを重視した質の高い練習で判断力や切り替えの速さなどを鍛え、頭脳プレーで勝利を重ねており、平成26年には県協会選定の優秀選手に2名が選出されている。

倉敷翠松高等学校バスケ部

1884年、岡山県倉敷市に「翠松舎」として誕生した長い歴史をもつ倉敷翠松高校は、フィギュアスケートの高橋大輔や町田樹の母校として知られている。女子バスケットボール部は平成26年の中国新人大会で優勝し、県協会選定の優秀選手を25年以上も輩出し続けている強豪校です。チームの雰囲気は明るく、言いたいことが言い合えるチーム作りを行い、悲願の全国大会出場を目指しています。

まとめ

岡山県では特に、男子は公立、女子は私立に強豪校が多く、それはいずれも長い歴史を持つ伝統校だ。男子では直近の中国大会でも好成績を修めている岡山工業、女子は全国大会常連の就実が有力とみられており、この2校を下す高校が現れるのか、注目されている。

関連記事

おすすめの記事