「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【好きやで】兵庫県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

兵庫県で注目するバスケ強豪校は、歴史と伝統ある高校が多いようだ。長い歴史で培った技術や練習方法が、伝統としてしっかりと受け継がれているのだろうか?

兵庫県スポーツ界のホープ【育英高校】

育英高校は神戸市にある私立高だ。男子校として100年以上にも及ぶ歴史を刻んできたが、2015年度から男女共学化が進められている。スポーツの実力校として知られ、全国制覇の経験がある部活動も多くある。
バスケでは、特に男子が輝かしい戦歴を残しており、2015県総体で優勝し(2年ぶり30回目)、2015ウインターカップ兵庫予選も優勝(2年ぶり29回目)を果たしている。2016県総体においてもインターハイ出場権を獲得しており、目覚ましい活躍ぶりを見せている。

頼もしい女子バスケ【尼崎市立尼崎高校】

尼崎市立尼崎高校は、市内で最も古い歴史と伝統を持つ高校で、略称は「いちあま」。国際交流が盛んなため語学選択科目にハングルと中国語がある。全国に通用する部活動が多く、特徴的なのは体育科があることだ。
女子バスケットボール部は、全国大会常連校で部員数は27名。過去実績としてはインターハイに5回出場、ウインターカップにも3回出場するなど、近年好成績をおさめている。2014年度インターハイでは、2回戦進出を経験しており、頼もしい女子バスケ部の今後の活躍が期待されている。

【神戸市立科学技術高等学校】男子バスケ部

神戸市立科学技術高等学校は、2004年に神戸工業高校と御影工業高校が統合して開校した。2016年からは、スポーツ科学が学べる科目が設置されている。
男子バスケットボール部はウインターカップ2009兵庫県大会の優勝経験があり、個々のカラーを生かし3年連続3回目のウインターカップ出場を決めた。また、2012年ウインターカップ県大会でも優勝しており、過去にはプロバスケット選手の桝本純也選手や道原紀晃選手を輩出している。今後の活動が大いに注目されるバスケ部です。

【報徳学園高校】男子バスケ部

兵庫県西宮市に所在し、創立100年を越える伝統ある男子校だ。部活動は特に野球や陸上、ラグビーが全国的に有名だが、バスケットボール部も見逃してはいけない。
戦績としては2013年私学大会では2年連続優勝、2014年インターハイでは初出場で初勝利を飾り、同年のウインターカップでも初出場を果たし、ベスト16に入賞している。最近では2016年兵庫県高校新人選抜優勝大会で準優勝するなど、これからの活躍が大いに楽しみだ。

活発な女子バスケ【夙川学院高校】

夙川学院高校の所在地は神戸市で、2016年に学院創立136周年を迎えた歴史ある高校だ。2016年度から男女共学になっている。体育科が設置されており、部活動で多くの実績を持ち、平成27年度兵庫県高校総体・学校対抗総合得点順位において48年連続49回目の総合優勝を成し遂げている。中でもソフトボール部は、全国でも突出した強豪ぶりだ。
女子バスケ部は、2013ウインターカップ兵庫県予選で第2回戦に進出し、2014年は県総体に出場している(3年ぶり16回目)。少人数ながらも非常に健闘している高校だ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。強豪が競い合う兵庫のバスケットボール界、今後の熱い試合に期待大です。

関連記事

おすすめの記事