「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【好きなんやしょ~】和歌山県のバスケ強豪校5選

2016 8/25 19:36
バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

高校バスケを応援している方へ。
和歌山のバスケ強豪校をチェックしてもらいたい!
厳選5校をピックアップします!

県下女子バスケNo.1【和歌山信愛高校】

和歌山県内で唯一の女子校で、大学への進学率が高い高校です。バスケットボール部には力を入れており、最後まで走り守りぬくバスケを目標に毎日練習が行われています。
インターハイやウインターカップなどの全国大会の超・常連校。県総体では10年連続29回目の優勝を果たしています。ウインターカップにも毎年出場するなど大活躍。強豪の秘密は、厳しい練習とともに勉学や掃除、身だしなみなどにもひたむきに取り組むこと。レベルの高いプレーをたくさん見せてくれることでしょう。

バスケU-18日本代表者が!【初芝橋本高校】

橋本市の丘の上にある緑豊かな環境に恵まれた高校です。勢いに乗っている男子バスケ部は2016年の県総体で2年連続16回目の優勝を果たし、ウインターカップには2010年と2014年に出場しました。
過去にはバスケットボール選手を1人送り出しています。2016年には3年生男子がU-18日本代表に選出されており、FIBA ASIA U-18男子バスケットボール選手権大会に出場が決まっています。強い志を持って試合に挑む姿はかっこいい!

バスケ愛強し【和歌山工業高校】

創立102年の伝統と最新の設備を誇る、和歌山県を代表する工業高校です。部活動に力を入れており、生徒は熱心に活動。県下でのレベルは高く、学校自慢の一つになっています。特にラグビーが県内で有名です。
男子バスケ部も好成績を残しており、ウインターカップには2011年、2015年に出場。2015年、2016年県総体では2位でしたが、2014年では優勝を果たしています。バスケ部からは寺下太基プロバスケ選手を送り出しました。「和工(わこう)」のバスケットボール愛、感じてみませんか?

まとめ

全国大会常連校から頭角を現し始めた高校まで、それぞれ目が離せんません。
今後も白熱した試合を見せてくれることでしょう!

以上「【好きなんやしょ~】和歌山県のバスケ強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事