「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【やらまいか精神】静岡県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケ 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

静岡県はスポーツの推進に力を入れている。サッカーが有名だが、バスケットボールでもbjリーグ「浜松・東三河フェニックス」(現在の「三遠ネオフェニックス」)が活躍するなど、静岡県内のバスケット人気は高い。そんな静岡県の高校バスケ強豪はどこなのだろうか。5校をピックアップして紹介していく。

県内屈指の名門 浜松学院高等学校バスケ部

2011年に興誠高等学校から名称が変更され現在は浜松学院高等学校となっている。部活動に関しては男子バスケットボール部がインターハイ15回もの出場を誇る名門として知られており、近年では沼津中央、藤枝明誠と代表の座を争っている。
チーム編成は浜松学院中で全国優勝したメンバーが中心となっているが、高校に上がってからははなかなか結果を残せていなかった。しかし、近年では再び西部大会で優勝、県高校総体で準優勝、そして全国総体では2回戦まで進出を果たすなどの好戦績を挙げている。

名将に最高の花道を 沼津中央高等学校バスケ部

沼津中央高等学校は全国レベルの運動部から、ユニークな文化部まで、多彩な部活動があるのが特徴だ。その中でも男子バスケットボール部は平成22~25年度の4年間連続して、選抜優勝大会(ウインターカップ)全国大会に出場する活躍を見せている。
平成27年度には県高校総体3位、全国選抜優勝大会(ウインターカップ)県予選での優勝は3年ぶりにして王座へと就き全国大会へ出場、新人大会県3位・東海大会準優勝という輝かしい成績を残した。選抜高校バスケット静岡県予選では来春限りでの勇退を告げた杉村総監督へ優勝の冠ををわたした。

おすすめの記事