「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【がんばられま!】富山県のバスケ強豪校5選

2016 8/26 13:36
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

B.LEAGUEに参戦している『富山グラウジーズ』のお膝元である富山県には、バスケの強豪校がひしめいている。インターハイやウィンターカップの常連校「富山県立桜井高校」や「富山商業高校」をはじめとして新たなる勢力も誕生している。富山県の強豪校を5校紹介する。

富山県のマンモス校【富山第一高校】バスケ部

富山市にある県内で最も大きい私立高である富山第一高校。通称は「とみいち」もしくは「いちこう」だ。県内の私立高の中でも評判が良く、勉強にもスポーツにも熱心な高校だ。全国的に知名度も高い。
野球部、サッカー部が特に有名だが、男子バスケ部も負けていない。2013年県総体では好敵手桜井高校を下しインターハイ出場を果たした。東海地区大会優勝の強豪校、中部大学第一と対戦し、惜しくも敗北したが、インターハイ、ウインターカップともに2回出場するなど実績を残している。

男女ともに活躍する【富山県立桜井高校】バスケ部

富山県東部、黒部市にある富山県立桜井高校は、2009年に創立100周年を迎えた歴史と伝統ある高校だ。学習に加えて部活動も盛んに行われており、女子バスケットボール部はウインターカップ2011県予選に勝ち抜き、全国大会に初出場を果たしている。
大会常連校である奈良文化高校を相手に健闘を果たした。2015年総体では男子が高岡第一高校を下し、18年ぶり6回目の優勝を決めた。2016年総体では女子が第3位、男子が第4位という活躍ぶりだ。今後も要チェックの高校と言えるだろう。

全国大会常連強豪校【富山商業高校】バスケ部

富山市に位置する富山商業高校、通称は「とみしょう」。教育方針としては、検定取得に重点を置いた指導がされている。2007年には創立110週年を迎えた歴史ある学校だ。男子バスケットボール部はインターハイとウインターカップの常連で、それぞれ15回と10回出場している。
近年の試合実績としては、2014年春季バスケットボール選手権大会で3年ぶり15回目の優勝を決めている。また同年インターハイにも出場した。2015年の春季選手権大会では2年連続16回目の優勝を果たしている。

【龍谷富山高校】女子バスケ部

龍谷富山高校は富山市にある浄土真宗本願寺派の私立高だ。1999年3月までは女子校だったが、4月から男女共学になった。2008年には創立70週年を迎えている。部活動が盛んで、特に女子剣道部や陸上、女子バスケ部の存在感が大きい。
女子バスケ部は全国大会の常連校で、実績としてはウインターカップ2014予選大会に2年ぶり21回目の優勝、翌2015年同大会では2年連続22回目の優勝を果たしている。2016年高校総体では3年ぶり27回目の優勝を決めるなど、将来有望な強豪校だ。

【高岡商業高校】男子バスケ部

高岡商業高校は高岡市の公立校で、通称「高商(たかしょう)」だ。部活動が盛んで、甲子園には県内最多の出場数を誇っている。男子バスケットボール部は創部80年を超える伝統があるチームで、過去13回のインターハイ出場と7回のウインターカップ出場、計20回の全国大会出場を経験している。
近年の実績としてはウインターカップ2014予選大会優勝を決めている。一方の女子バスケ部は創部10年に満たないチームだが、総体予選や選抜大会予選などでベスト4に入るなど徐々に力をつけている。

まとめ

全国大会常連校から頭角を現し始めた高校まで、富山県には様々なカラーのバスケ部がある。富山グラウジーズに入団する選手も出てくるだろう。全国での活躍に期待がかかる。

関連記事

おすすめの記事